HOME KlubZukunftとは 催しのご案内 催事実績 入会ご案内 会員活動紹介 お問合せ
■催事実績メニュー
■催事実績内容 〜 2017年 〜
■月例会
 

・第125回月例会 −歴史・文化に親しむ会− 
 
 テーマ: 若者たちとの現在
      
 日 時: 2017年 1月25日(水) 16:00〜17:30
 場 所: 梅田エステート・ビル 5階会議室
・講 師: 浜畑 賢吉(はまはた けんきち) 様
      ( 大阪芸術大学教授 舞台芸術学科長 )
 
俳優で、大阪芸術大学教授の浜畑賢吉様に、「現在の若者達との接し方」についてお話しを頂きました。
『幼稚園児に会うとその幼稚園児のオーラを受けて疲れがとれます。それが、高校生くらいになると力を感じない若者が多いと感じます。昔、養成場にいた頃の若者は、ふてぶてしかった。今、それを感じません。
大学の教え子等若者に会うと必ず「君には才能がある?」と聞ききます。そうすると大概変な顔をします。 体重60キロの人は約60兆もの細胞で成り立っています。そのうち4分の一が脳にあって、一つの遺伝子に30億もの情報が入っており、才能は限りなく詰まっているのです。若者で才能のない人なんていません!才能が出て来ないのは、誰かに抑えつけられているか、自信を無くして才能を閉じ込めているかです。
そんな若者に自分の才能を認めさせ、はじけさせてやることが大切です。また、太陽の力等自然界のエネルギーをもらう事も大切です。若者には「いつもウキウキしていなさい」と言います。ウキウキしていれば細胞は活性化します。感動すればハングリーになります。「調子悪い?」と聞くだけで若い俳優は落ち込みます。若い俳優をダメにするには「ため息1つ」でOKです。・・』
浜畑先生が、1968年のテレビドラマ『進め!青春』での新米教師・高木進役を演じられました。現在、高木進役と同じ感じで大学で先生を勤めておられるとお聞きして、得心すると共に「そうありたい」なと感じました。
 

 

浜畑 賢吉 様

 

 
 
■講演・コンサート
 
未実施
 
■歴史・文化の探訪
 
未実施
 
Copyright(C)2010 KlubZukunft all rights reserved.