HOME KlubZukunftとは 催しのご案内 催事実績 入会ご案内 会員活動紹介 お問合せ
■催しご案内メニュー
■総会
 2018年度総会
 
■月例会
 −歴史・文化に親しむ会−
 第158回月例会NEW
 第159回月例会
 第160回月例会
 
■講演会・コンサート
 
 第8回ハウスコンサートNEW
 
■アート和輪環
 
 第9回アート和輪環展NEW
 
■歴史・文化の探訪
 
 秋の散策会
 (竹ノ内街道 part2)
NEW
 
 
■ドイツ文化研究会
 (正会員対象の催し)  
 2019年10月度
 (通算第84回目)
NEW
 
■催事開催予定内容
 
■2018年度総会
 
 2019年1月23日に開催しました。
 
■月例会
 −歴史・文化に親しむ会−
 
 
・第158回月例会 −歴史・文化に親しむ会−
 テーマ: 「住吉大社から見る文化と物語」 案内状
 日 時: 2019年10月23日(水曜日) 15:30〜17:00
 講 師: 小出 英詞 様  (住吉大社権禰宜)
 参加料: 正会員 500円  賛助会員/一般 1000円
 場 所: 大阪市立大学 文化交流センター
       大阪駅前第2ビル6階 大セミナー室   地図
 
 *1:終了後に懇親会開催。実費/事前申込必要 締切 10/19(土) 21時
 
 月例会、懇親会の出欠を合わせて御連絡ください。
    参加申込: >>こちら
 
 
小出 英詞 様  
 
2008年2月の第18回の月例会で、「現代日本人における仏教の役割について」のご講演いただきました南都七大寺 大安寺 貫主 の河野良文様を再び講師にお招きいたします。今回は、「南都七大寺と大安寺」と題して、ご講演をいただきます。仏教伝来以降、日本は唐制にならい律令体制を調えると共に、仏教精神を取り入れた国つくりをしていきました。聖徳太子の 17 条憲法はよく知られるところです。そして国家を護持するための官寺を中心に、氏の寺などが全国に続々と建立されていきました。奈良時代には南七大寺を中心に南都六宗が盛んに兼学され、後の平安仏教や鎌倉新仏教への基礎をなしました。古代の大安寺はその中心の寺でもありました。
大安寺がどのような役割を果たしたか等、興味深いお話しがいただけると思います。皆様のご参加をお待ちしています。また、皆さまのお友達にも参加の働きかけをしていただき、ご一緒にご出席いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 
・第159回月例会 −歴史・文化に親しむ会−
 テーマ: 「南方熊楠の粘菌研究方法」
 日 時: 2019年11月27日(水曜日) 15:30〜17:00
 講 師: 唐澤 太輔 様 (秋田公立美術大学准教授)
 参加料: 正会員 500円  賛助会員/一般 1000円
 
 
 
 
・第160回月例会 −歴史・文化に親しむ会−
 テーマ: 「事典にない大阪弁」(仮)
 日 時: 2019年12月18日(水曜日) 15:30〜17:00
 講 師: 四代目旭堂南陵様(講談師)
 参加料: 正会員 500円  賛助会員/一般 1000円
 
 
 
■講演・コンサート
 
 − コンサート −
 
・第8回ハウスコンサート
 
 
ナサニエル・ローゼン チェロコンサート
 
 コンサートチケットは完売しました!!
 
 チャイコフスキー国際コンクール金メダリスト!
 魂を揺さぶる渾身の演奏!!
 
<演奏者>
・チェロ    ナサニエル・ローゼン
・ピアノ    小林 侑奈
 
<プログラム>
・Brahms Sonata in F Major, Opus 99
 ブラームス チェロ・ソナタ第2番 へ長調 作品 99
・Faure Elegy in C minor, op.24
 ガブリエル・フォーレ エレジー ハ短調 作品 24
・Debussy Cello Sonata
 ドビュッシー チェロ・ソナタ ニ短調
・Bach Suite No.1 in G Major for unaccompanied Cello, etc.
 ヨハン・セバスチャン・バッハ 無伴奏チェロ組曲1番
その他
 
 
日時: 2019年12月5日 木曜日
     開演 18時30分 / 開場 17時30分
 
場所: 大阪市中央公会堂 中集会室(3F)
     地下鉄御堂筋線/京阪電鉄「淀屋橋」駅下車
      <1>番出口から徒歩約5分
     地下鉄堺筋線/京阪電鉄「北浜」駅下車
      <22>番出口から徒歩約6分
 
料金: 3500円(前売り 3000円)全席自由席
 
 *当日開演前にロビーにてドイツワインとチーズをお楽しみいただけます。
  当日売り:ワイン+チーズ(500円)

 
お問合せ・お申込み: 
 E-mail:kz.konzert@gmail.com
 Tel.080-3770-3576(奥野) Fax.06-6444-2292
 
 御案内パンフレットのダウンロードは下記から取り出してください
   2019年第8回ハウスコンサートjpeg画像
 
2019年第8回ハウスコンサート  
 

 

 
 
■アート和輪環展

 

 
・第9回アート和輪環展(入場無料)
 
期 間: 2019年10月18日(金)〜10月20日(日)
     初日  11時〜18時00分
     土曜日 10時〜18時00分
     日曜日 10時〜16時00分
 
会 場: エル・おおさか 9階 ギャラリー2
     大阪市中央区北浜東3-14
     TEL:06-6942-0001
 
出品者と出品分野: 
no 出品者お住まい出品分野
今中 康文奈良県陶 芸
澤 智子大阪府水彩スケッチ
佐藤 年代大阪府写真〔花専科〕
澄 直治大阪府水彩画
寺井 正治大阪府日本画
中田 栄大阪府油彩画
西川 久子大阪府漆 芸
春名 修介大阪府ステンドグラス
松村 順子兵庫県
10望月 邦彦大阪府ミニチュア竹垣
11山下 恵子京都府動物写真
12山下 邦彦京都府日本画
 
お問合せ先:
 E-mail:klub.zukunft@gmail.com
 Tel.090-1586-6398(山下)
 
 案内状のダウンロードは下記から取り出してください
   2019年第9回アート和輪環展案内状jpeg画像
 
2019年第9回アート和輪環展案内状  
 

 

 
 
■歴史・文化の探訪
 − 散策・旅行 −
 
・秋の散策会(竹ノ内街道 part2)
 
2019年に世界文化遺産登録された百舌鳥・古市古墳群の代表的古墳
大仙古墳(伝仁徳天皇陵)を中心に巡り、堺の歴史を学びたいと思います。
 
開催予定日時 : 2019年11月23日(土)
 
下記の要領で開催します。
 下記要領の情報を印刷したい方は下記からダウンロードし取り出し印刷してください
   2019年秋散策会pdf資料
 
参加ご希望の方は事前申込必要です。
申込締切:11月8日(金)
  参加申込: >>こちら
 
参加者の皆様の国内旅行傷害保険に加入しますので、
氏名、住所、生年月日の情報を添えて、参加申込みをお願いします。
尚、前日午後6時の天気予報で対象地域が、降水確率50%以上の場合は中止
といたします。不明な場合はメールでご案内いたします。
 
(担当:今中)
 
1.日時 : 2019年11月23日(土)
2.行き先: 竹ノ内街道 part2 歩行距離 7.0km
3.集合 : 地下鉄中百舌鳥駅2番出口 10時
4.スケジュール
地点  時刻 累計距離
地下鉄中百舌鳥駅
2番出口
 10:15  
北へ500m 右手にジョリパスタ
の見える交差点を左折
竹田街道合流 
 10:25  0.5km
長曾根竹ノ内公園 10:35  1.0km
向陵東町交差点 11:00  1.5km 
三国ヶ丘駅 11:10  2.0km 
大仙公園  11:40  3.0km 
昼食  11:40〜12:30 
堺市博物館  12:35〜13:00 
丸保山古墳  13:20  4.5km 
堺市役所  13:30  5.5km 
堺市役所展望台  〜14:10  
大小路通り  14:20  6.0km 
千利休屋敷跡  14:30  6.3km 
利昌の森  14:35  6.5km 
阪堺線宿院駅  15:35  7.0km 
天王寺  16:20  
 
5.参加費  500円(国内旅行傷害保険料含む)
 
6.その他ご負担費用
  阪堺線宿院〜天王寺   片道   210円
  堺市博物館       入場料  200円
  さかい利昌の杜     入場料  300円
  地下鉄中百舌鳥駅迄の交通費
 
7.各自ご準備いただきたい物
  ・ハイキングが出来る服装
  ・昼食
  ・飲み物
  ・雨具
 
8.その他連絡事項
 散策会終了後、希望者は天王寺駅内の飲み屋で打ち上げ予定。
 
9.参考情報(Wikipediaより)
 大仙陵古墳または大山古墳は、大阪府堺市堺区大仙町にある古墳、
 天皇陵。形状は前方後円墳。百舌鳥古墳群を構成する古墳の1つで、
 日本最大の古墳である。古墳最大長:840m、最大幅:654m
 
 実際の被葬者は明らかでないが、宮内庁により百舌鳥耳原中陵
 (もずのみみはらのなかのみささぎ)として仁徳天皇 (皇居、宮殿は
 大阪市にある難波高津宮 (なにわのたかつのみや) ) の陵墓に治定され
 ている。仁徳天皇陵(にんとくてんのうりょう)や仁徳陵古墳とも言う。
 ユネスコは2019年7月6日、仁徳天皇陵古墳を含む「百舌鳥・古市古墳群」
 を世界文化遺産として登録することを決定した。
 
 
 
■ドイツ文化研究会 (正会員対象の催し)
 
第6ク−ルは、第5クールで使用した下記読書本の55のキーワードの内、
第5クールで行っていないキーワードを、分担して調べ、発表を行い、
ディスカッションを行う形態で推進します。
 
10月度は、下記の様に研究会を開催します。
 
【日時】 2019年10月7日(月) 15:30〜17:30
【場所】 大阪市立大学 文化交流センター
     大阪駅前第2ビル6階 小セミナー室
【担当】 河村
【テーマ】 ハンザ同盟の歴史的変遷と文化遺産
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【読書本】
 タイトル: 「ドイツ文化55のキーワード」
 編著者 : 宮田 眞治/畠山 寛/濱中 春
 出版社 : ミネルヴァ書房
 発行日 : 2016年7月30日初版第2刷発行
 価  格: 2500円(税別)
 
<第6クール17回目迄の担当とテーマ予定>
 
no 開催日担当テーマ(55のキーワード)
第1回2019年 1月 7日今中
連邦制 − 中心のない国
*: ドイツの政治体制について
第2回2019年 2月 4日松本
ドイツ人の色彩感覚&色に関する様々なエピソード
第3回2019年 3月11日浜本
ドイツの民族風習
聖ニコラウス祭の怪物クランプスと秋田のナマハゲ
第4回2019年 4月 8日高坂
ドイツの鉄道
第5回2019年 5月13日山下
世紀末 − 19世紀の反動
第6回2019年 6月24日中西
ロマン主義とドイツの芸術
第7回2019年 7月 8日藤好
ジャーナリズム
第8回2019年 8月19日望月
なぜドイツ基本法には国防軍保持、
日本国憲法には戦力不保持が明記されたのか
第9回2019年 9月 9日奥野
ドイツの発明品と身近なドイツ製品
第10回2019年10月 7日河村
ハンザ同盟の歴史的変遷と文化遺産
第11回2019年11月11日田原
演劇を通してみるドイツと日本文化の違い
第12回2019年12月 8日,9日
ベートヴェンの生涯(仮)
 

 

Copyright(C)2010 KlubZukunft all rights reserved.