HOME KlubZukunftとは 催しのご案内 催事実績 入会ご案内 会員活動紹介 お問合せ
■催しご案内メニュー
■月例会
 −歴史・文化に親しむ会−
 第129回月例会NEW
 第130回月例会
 第131回月例会
 第132回月例会
 第133回月例会
 第134回月例会
 第135回月例会
 第136回月例会
 
■講演会・コンサート
 計画ありません
 
■アート和輪環
 計画ありません
 
■歴史・文化の探訪
 
 散策・旅行
 ドイツ旅行NEW
 
 秋の一泊旅行NEW
 
 
■ドイツ文化研究会
 (正会員対象の催し)  
 5月度
 (通算第55回目)
NEW
 
■催事開催予定内容
 
■2016年度総会
 
 2017年1月15日に開催しました。
 
■月例会
 −歴史・文化に親しむ会−
 
 
・第129回月例会 −歴史・文化に親しむ会−
 テーマ: 「ドイツの難民問題」
       案内状
 日 時: 2017年 5月24日(水曜日) 16:00〜17:30
 講 師: 藤澤 一夫 (ふじさわ かずお) 様
      ( 元・ドイツ和光純薬社長 )
 参加料: 正会員 500円  賛助会員/一般 1000円
 場 所: 梅田エステート・ビル 5階会議室   地図
 *:終了後に懇親会開催。実費/事前申込必要 締切 5/20(土)
 月例会、懇親会参加申込: >>こちら  
 
藤澤 一夫 様  
 
今や世界各地で「難民」と呼ばれる人々が多く存在し、所謂「難民問題」が様々な衝突の原因になっています。国際法上の「難民」というのは、「難民条約第1条A項(2)」で、「人種、宗教、国籍もしくは特定の社会的集団の構成員であること又は政治的意見を理由に迫害を受ける恐れがあるという充分に理由のある恐怖を有する為に、国籍国の外にいる者であって、その国籍国の保護を受けることができないもの又はそのような恐怖を有するためにその国籍国の保護を受ける事を望まないもの(略)」と定義されています。要は「国籍国の外にいて、選び出されて迫害を受ける者」のことですが、定義の曖昧さも混乱の一つの要因になっている様に思われます。
2015年から2016年にかけて約120万人にも及ぶ「難民」がドイツに流入しました。ドイツはその歴史的な背景もあり、「難民」に寛容な国だと言われますが、しかし他方、排外主義を唱える右翼ポピュリスト政党AfD(アーエフデー=ドイツの為の選択肢)の台頭を許しました。それでも人道主義を掲げるメルケル政権の基本姿勢は変わりません。庇護申請者への生活保障、ドイツ語講習、就労支援など、多角的な対策が求められています。
今月度は、ドイツでのビジネス経験をお持ちで、かつ長年、政治・経済・文化などの分野において、ドイツ全般に渡ってその動向を注意深く研究されている藤澤一夫様のお話をお聞きします。2017年度は、欧州の国々で重要な選挙が順次行われている年であり、ドイツでも秋に控える総選挙の行方が非常に注目されています。複雑な様相を呈するドイツの「難民問題」の実情を探ります。皆様のご参加をお待ちしています。  
 
 
・第130回月例会 −歴史・文化に親しむ会−
 テーマ: 「カフエーパウリスタに魅せられて」(仮)
 日 時: 2017年 6月28日(水曜日) 16:00〜17:30
 講 師: 若林 あかね 様 (映像作家)
 参加料: 正会員 500円  賛助会員/一般 1000円
 
 
 
 
・第131回月例会 −歴史・文化に親しむ会−
 テーマ: 「アウトドアの楽しみ方」(仮)
 日 時: 2017年 7月26日(水曜日) 16:00〜17:30
 講 師: 辰野 勇 様
      (株式会社モンベル 代表取締役会長)
 参加料: 正会員 500円  賛助会員/一般 1000円
 
 
 
 
・第132回月例会 −歴史・文化に親しむ会−
 テーマ: 「南方熊楠の虚像と実像」(仮)
 日 時: 2017年 8月23日(水曜日) 16:00〜17:30
 講 師: 唐澤 大輔 様
      (龍谷大学 世界仏教文化研究センター 研究員)
 参加料: 正会員 500円  賛助会員/一般 1000円
 
 
 
 
・第133回月例会 −歴史・文化に親しむ会−
 テーマ: 未定
 日 時: 2017年 9月27日(水曜日) 16:00〜17:30
 講 師: 岩井 洋 様
      ( 帝塚山大学 文学部教授 )
 参加料: 正会員 500円  賛助会員/一般 1000円
 
 
 
 
・第134回月例会 −歴史・文化に親しむ会−
 テーマ: 未定
 日 時: 2017年10月25日(水曜日) 16:00〜17:30
 講 師: 未定
 参加料: 正会員 500円  賛助会員/一般 1000円
 
 
 
 
・第135回月例会 −歴史・文化に親しむ会−
 テーマ: 未定
 日 時: 2017年11月22日(水曜日) 16:00〜17:30
 講 師: 未定
 参加料: 正会員 500円  賛助会員/一般 1000円
 
 
 
 
・第136回月例会 −歴史・文化に親しむ会−
 テーマ: 未定
 日 時: 2017年12月20日(水曜日) 16:00〜17:30
 講 師: 未定
 参加料: 正会員 500円  賛助会員/一般 1000円
 
 
 

 

 
■歴史・文化の探訪
 − 散策・旅行 −
 
・ドイツ旅行(2017年はオーストリア)
本年5月にドイツ語圏であるオーストリアへ旅行する事になりました。
下記の要領で行いますので、奮ってご参加ください。
お申込みの受付は終了しました。
 
1.旅行先  オーストリア(ドイツ語圏)
2.期 間   2017/5/28〜2017/6/12    2週間
3.スケジュール<概要>
  関空→フランクフルト経由→インスブルク→ザルツブルク→
  リンツ→グラーツ→ウィーン→関空
4.予 算   約38万円(1ユーロ:125円換算)
5.募集人員 6名(男女は問いません)
6.申込締切 2017年2月15日
7.担当    今中
 
詳しいスケジュールは応募者に後日連絡いたします。
 
 
 
・秋の一泊旅行会「白川郷・五箇山合掌造り集落」
 
下記の様に「秋の一泊旅行会」を開催します。
 
ご希望の方は参加者の氏名と連絡先(携帯電話番号等)情報を添えて
下記宛てにお申込みメールを送信ください。
 
klub.zukunft@gmail.com
 
宿の確保の為、早い手配が必要で、締め切りを早めていますので
ご注意ください。
 
申込締め切り: 3月20日(月)
お申込みの受付は終了しました。
 
担当: KlubZukunft役員 今中
 
1.概要
・日本国内にある世界遺産巡りの旅
・1995年に世界文化遺産登録された「白川郷・五箇山合掌造り集落」
 白川郷・五箇山の合掌造り集落に建つ合掌造りの家は、日本の
 建築物の中でも希少な建築物です。
 本州中部地方の険しく高い山に囲まれた渓谷に位置する3つの村は、
 人口が多い都市部から隔絶され、孤立していたため、長い間その
 地域を訪れるには難しい地方でした。
 「白川郷・五箇山の合掌造り集落」は、そんな人里離れた山奥に
 ある白川郷の荻町集落、五箇山の相倉集落・菅沼集落の各集落
 から構成され、岐阜県及び富山県の庄川に沿って位置します。
 
2.旅行日程(概要)
2017年
10月15日(日)
大阪=====新大阪=========名古屋→→→→→→→→白川郷
8:37   9:30     10:00        12:36
・白川バス停から国重文 和田家〜東通り〜明善寺〜八幡宮
・白川郷八幡神社どぶろく祭見学  15:00〜18:00
 どぶろく祭の館
・白川郷 泊
 
10月16日(月)
・午前中  白川郷 荻町周辺探索
白川郷→→→→五箇山   五箇山→→→→→金沢
11:45    12:16    16:20     17:20
金沢=========大阪
17:33    20:09
 
3.主な費用
新幹線 新大阪〜名古屋     5830
バス  名古屋〜白川郷(高速) 3900
バス  白川郷〜五箇山(路線)  860
バス  五箇山〜金沢(高速)   1540
在来線 金沢〜大阪       7130
          小計      19260
白川郷宿泊(予定)        13000
          合計      32420
 
奮ってご参加ください。
 
 
 
■ドイツ文化研究会 (正会員対象の催し)
 
第4段のスタートです。第4段は、研究会参加メンバが、「好みのテーマ」を 設定して発表を行い、ディスカッションを行う形態で推進してゆきます。
5月度は第4段12回目として下記内容の研究会を開催します。
 
【日時】 2017年 5月 8日(月) 16時〜
【場所】 大阪西区 コラボアンダンテ  地図
【担当】 西川 様(正会員)、三浦 様(正会員)
 
【内容】 ドイツの工芸について
       
 
<第4段12回目迄の担当とテーマ予定>
 
no 開催日担当テーマ
第1回2016年 6月13日中村EU63章の読後感を自由に話す
第2回2016年 7月11日河村トルコ人の移民問題
第3回2016年 8月 8日松本ミュンヘンでの休日の過ごし方
第4回2016年 9月12日小林森と山と川でたどるドイツ史 池上俊一著
第5回2016年10月24日浜本聖ニコラウス祭のクランプスと秋田のナマハゲ
第6回2016年11月14日奥野ドナウ河紀行ー東欧・中欧の歴史と文化ー 加藤雅彦著
第7回2016年12月 5日田原ヨーロッパの移民問題
第8回2017年 1月16日今中地政学からみたドイツ
第9回2017年 2月13日村河西ドイツの農業と農村 (発行 1989年)桜井明久著
第10回2017年 3月13日小林ドイツ関連DVD観賞と意見交換
第11回2017年 4月10日山下ドイツ近代絵画
第12回2017年 5月8日西川・三浦ドイツの工芸について
第13回2017年 6月19日藤好ドイツビールについて
 

 

Copyright(C)2010 KlubZukunft all rights reserved.