HOME KlubZukunftとは 催しのご案内 催事実績 入会ご案内 会員活動紹介 お問合せ
■催しご案内メニュー
■催事開催予定内容
 
■2019年度総会
 
 下記の様に開催しました。
 
 日 時: 2020年 1月22日(水曜日) 14:00〜15:00
 場 所: 大阪市立大学 文化交流センター
      大阪駅前第2ビル6階 大セミナー室   地図
 議  題:
      @ 2019年度活動実績
      A 2020年度活動計画
      B 2019年度決算報告と2020年度事業計画
 
 議案が提出され可決されました。
 詳しくは、>>こちら
 
 
■月例会
 −歴史・文化に親しむ会−
 
 
・第162回月例会 −歴史・文化に親しむ会−
 テーマ: 2020年 アメリカ大統領選挙と排外主義の渦流 案内状
 日 時: 2020年 2月26日(水曜日) 15:30〜17:00
 講 師: 浜本 隆三 (はまもと りゅうぞう) 様
     ( 甲南大学 文学部英語英米文学科 講師 )
 参加料: 正会員 500円  賛助会員/一般 1000円
 場 所: 大阪市立大学 文化交流センター
       大阪駅前第2ビル6階 大セミナー室   地図
 
 *:終了後に懇親会開催。実費/事前申込必要 締切 2/22(土) 21時
 
 月例会、懇親会の出欠を合わせて御連絡ください。
    参加申込: >>こちら
 
 
浜本 隆三 様  
 
2016年、大勢の予想を裏切り大統領に就任したトランプ氏。なにかとお騒がせな大統領ながら、本年1月の時点では再選濃厚との見方が有力です。果たして大統領選挙の行方はいかに…。 本講では、トランプが選出された2016年の選挙について、浜本先生独自の視点からトランプ当選の背景を考察していただき、そのうえで、世界的に自国中心主義、排外主義を掲げる首長が選出されている昨今の潮流をふまえ、アメリカにおける排外主義の歴史を辿って、解説していただきます。この講演を通して、2020年度の大統領選挙を考える視点を探ることが出来ればと考えています。
皆様のご参加をお待ちしています。また、皆さまのお友達にも参加の働きかけをしていただき、ご一緒にご出席いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 
・第163回月例会 −歴史・文化に親しむ会−
 テーマ: 古墳とは?古墳から出土するものから見えるもの(仮)
 日 時: 2020年 3月25日(水曜日) 15:30〜17:00
 講 師: 今尾 文昭 様 (考古学者・関西大学文学部 非常勤講師)
 参加料: 正会員 500円  賛助会員/一般 1000円
 
 
 
 
・第164回月例会 −歴史・文化に親しむ会−
 テーマ: 芭蕉めざめる(仮)
 日 時: 2020年 4月22日(水曜日) 15:30〜17:00
 講 師: 光田 和伸 様 (国文学者)
 参加料: 正会員 500円  賛助会員/一般 1000円
 
 
 
 
・第165回月例会 −歴史・文化に親しむ会−
 テーマ: 未定
 日 時: 2020年 5月27日(水曜日) 15:30〜17:00
 講 師: 木全 吉彦 (きまた よしひこ) 様
      (総合プラニング顧問・前大阪ガス東南アジア代表)
 参加料: 正会員 500円  賛助会員/一般 1000円
 
 
 
 
・第166回月例会 −歴史・文化に親しむ会−
 テーマ: 未定
 日 時: 2020年 6月24日(水曜日) 15:30〜17:00
 講 師: 未定
 参加料: 正会員 500円  賛助会員/一般 1000円
 
 
 
 
・第167回月例会 −歴史・文化に親しむ会−
 テーマ: ドイツで決闘した日本人
 日 時: 2020年 7月22日(水曜日) 15:30〜17:00
 講 師: 菅野 瑞治 (すがの みちや) 様 (京都外国語大学教授)
 参加料: 正会員 500円  賛助会員/一般 1000円
 
 
 
 
・第168回月例会 −歴史・文化に親しむ会−
 テーマ: 未定
 日 時: 2020年 8月26日(水曜日) 15:30〜17:00
 講 師: 未定
 参加料: 正会員 500円  賛助会員/一般 1000円
 
 
 
 
・第169回月例会 −歴史・文化に親しむ会−
 テーマ: 未定
 日 時: 2020年 9月23日(水曜日) 15:30〜17:00
 講 師: 未定
 参加料: 正会員 500円  賛助会員/一般 1000円
 
 
 
 
・第170回月例会 −歴史・文化に親しむ会−
 テーマ: 未定
 日 時: 2020年10月28日(水曜日) 15:30〜17:00
 講 師: 未定
 参加料: 正会員 500円  賛助会員/一般 1000円
 
 
 
 
・第171回月例会 −歴史・文化に親しむ会−
 テーマ: 未定
 日 時: 2020年11月25日(水曜日) 15:30〜17:00
 講 師: 未定
 参加料: 正会員 500円  賛助会員/一般 1000円
 
 
 
 
・第172回月例会 −歴史・文化に親しむ会−
 テーマ: 未定
 日 時: 2020年12月16日(水曜日) 15:30〜17:00
 講 師: 未定
 参加料: 正会員 500円  賛助会員/一般 1000円
 
 
 
■講演・コンサート
 
 − コンサート −
 
・第9回ハウスコンサート
 
ナサニエル・ローゼン チェロコンサート
 
 
本年も
チャイコフスキー国際コンクール金メダリスト
ナサニエル・ローゼンさんを お招きして演奏していただきます!!

下記の様に開催しますが、詳細は決まり次第、お知らせします。  
日時: 2020年12月9日 木曜日
    開演 18時30分 / 開場 17時30分
 
場所: 大阪市中央公会堂 中集会室(3F)
     地下鉄御堂筋線/京阪電鉄「淀屋橋」駅下車
      <1>番出口から徒歩約5分
     地下鉄堺筋線/京阪電鉄「北浜」駅下車
      <22>番出口から徒歩約6分
 
2020年第9回ハウスコンサート  
 

 

 
 
 
■アート和輪環展

 

・第10周年記念アート和輪環展(入場無料)
 
 下記の日程で実施します。
 
期 間: 2020年11月 6日(金)〜11月11日(水)
 
会 場: エル・おおさか 9階 ギャラリー1
     大阪市中央区北浜東3-14
     TEL:06-6942-0001
 
*** 出品者募集!! ***
 
 アート和輪環展は、「人の和」から「人の輪」となり、
やがて「グループの環(わ)」へと交流活動が広がること、
すなわち、作品を通じた「人と人との交流」をコンセプトと
しています。
ビギナーから熟練者までどなたでもご出品頂けますので、
ご自身の作品を通じ交流して頂く機会にして頂ければと
願っています。
 ご出品いただける方を募集しています!!
 
<出品応募作品>
 作品は、どんな分野でもかまいません。
 漆芸/陶芸/パッチワーク/家具・クラフト/書/水彩画/
 水彩スケッチ/油彩画/日本画/鉄道写真/写真/
 バードカービング/ミニチュア竹垣/等々
 
<出品料>
 5000円/1スペース
 1スペース=1壁面 1.8m程度
 または、1テーブル展示 1.8m程度
 
<応募・お問合せ先>
 応募いただける方、ご不明な点がある方は、下記迄
 ご連絡お問合せください。
 メールアドレス: klub.zukunft@gmail.com
 
 

 

 
 
■歴史・文化の探訪
 − 散策・旅行 −
 
・春の散策会
 
(担当:今中)
 
 開催日時: 3月28日(土)
 
 歴史街道を歩くシリーズ 北・山辺の道を歩く
 
詳細決まり次第お知らせしますので、お待ちください。
 
 
 
■ドイツ文化研究会 (正会員対象の催し)
 
・第7クール(2020年1月〜)
 
第7ク−ルは、第6クールで使用した下記読書本等を参考に、
参加メンバーが各自でテーマ設定/発表/ディスカッションを
行う形態で推進します。
 
2月度は、下記の様に研究会を開催します。
 
【日時】 2020年 2月 3日(月)
【場所】 大阪市立大学 文化交流センター
     大阪駅前第2ビル6階 小セミナー室
【担当】 望月
【テーマ】 『表色系』アメリカ的、ドイツ的、日本的
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【参考本】
 タイトル: 「ドイツ文化55のキーワード」
 編著者 : 宮田 眞治/畠山 寛/濱中 春
 出版社 : ミネルヴァ書房
 発行日 : 2016年7月30日初版第2刷発行
 価  格: 2500円(税別)
 
<第7クール12回目迄の担当とテーマ予定>
 
no 開催日担当テーマ(55のキーワード)
第1回2020年 1月 6日浜本
ウィーン玉手箱
 〜 青山光子、クーデンホーフ家の人びととヒトラー 〜
第2回2020年 2月 3日望月
『表色系』アメリカ的、ドイツ的、日本的
第3回2020年 3月 2日高坂
ドイツの哲学
第4回2020年 4月 6日奥野
 
第5回2020年 5月11日田原
日独経済比較の試み
第6回2020年 6月22日中西
ユーロについて
第7回2020年 7月 6日今中
 
第8回2020年 8月 3日藤好
ドイツ語の歴史(仮)
第9回2020年 9月 7日松本
 
第10回2020年10月 5日
 
第11回2020年11月 2日山下
 
第12回2020年12月13日,14日河村
東ドイツの分裂と統合、そして今(仮)
 

 

Copyright(C)2010 KlubZukunft all rights reserved.