HOME KlubZukunftとは 催しのご案内 催事実績 入会ご案内 会員活動紹介 お問合せ
■お知らせ いよいよ、第7回ハウスコンサート12/4(火)18時30分開演です!!
◆2018/7/2 2018年12月4日(火) 「第7回ハウスコンサート」開催のお知らせ NEW 詳しくはこちら
◆2018/4/1 2018年3月31日(土)に「春の散策会」開催しました。 詳しくはこちら
◆2018/1/1 2018年1月24日(水) 2017年度総会を開催しました!! 詳しくはこちら
◆2017/9/1 2017年12月1日(金) 「第6回ハウスコンサート」開催しました!! 詳しくはこちら
◆2017/2/1 2017年1月25日(水) 2016年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2017/1/1 機関誌「つーくんふと」2017年新春号発刊!御協力金一冊500円で頒布。事務局迄申込を!
◆2016/2/1 2016年1月27日(水) 2015年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2015/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第6号発行!!  Bulletin_第6号の閲覧はこちら
◆2015/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第5号発行!!  Bulletin_第5号の閲覧はこちら
◆2015/2/1 2015年1月28日(水) 2014年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2014/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第4号発行!!  Bulletin_第4号の閲覧はこちら
◆2014/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第3号発行!!  Bulletin_第3号の閲覧はこちら
◆2014/1/1 2013年12月18日(水) 2013年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2013/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第2号発行!!  Bulletin_第2号の閲覧はこちら
◆2013/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第1号発行!!  Bulletin_第1号の閲覧はこちら
◆2013/1/1 2012年12月19日(水) 2012年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
 
   
■月例会(12月度)開催のお知らせ
その他の催しNEW>>こちら
渡邊 甫男 文昭 様
第148回月例会 
入会しなくても参加可!!
−歴史・文化に親しむ会−  案内状
・テーマ: バックパックを背負って
      〜 私の仏教遺跡歴訪 〜
・日 時: 2018年12月19日(水) 16:00〜18:00
・場 所: 大阪市立大学 文化交流センター
       大阪駅前第2ビル6階 大セミナー室  地図
・講 師: 渡邊 甫男 (わたなべ ほなん) 様
    ( 浄土宗永金山 常簒寺少僧都 )
・参加料: 正会員 500円  賛助会員/一般 1000円
*:懇親会も開催します。是非、ご参加ください。
渡邊様は福井県小浜市の浄土宗の寺にお生まれになり、京都大学数理工学科を卒業後、世界に冠たる広告会社にご勤務、早期退職されたあと還暦を前に知恩院で修行、僧侶資格を取得され、現在は神戸の常纂寺の非常勤僧侶をされています。このたび、以下のような楽しいお話をしていただけると渡邊様から連絡をいただいています。
〈私の趣味は旅です。広告会社を早期退職し真逆の世界の僧侶資格を取得し手始めに仏教遺跡を旅することにしました。インドから中国へバックパックを背負った一人旅です。半分修行と思って質素な旅を始めましたが、これがなかなか贅沢な旅なのです。最近はアジアから西欧にも足を延ばしています。またこの春念願の四国歩き遍路を通しで歩きました。旅のノウハウと共に感じたことなど紹介させていただきます。〉
皆様のご参加をお待ちしています。また、皆さまのお友達にも参加の働きかけをしていただき、ご一緒にご出席いただければと思います。
月例会、懇親会参加申込 >>こちらから
懇親会は事前申込必須_12月15日(土)21時締切。実費(3500〜4000円程度)ご負担
■こんな月例会を実施しました
総会・催事実績>>こちら
福井 麻純 様
近代の琳派として人気の神坂雪佳(1866〜1942)は、琳派誕生の地・京都に生まれ、本阿弥光悦や尾形光琳に傾倒し、伝統的な主題やモチーフ、琳派の表現方法を取り入れ、新しい時代にふさわしい図案を生み出し、京都の工芸界を牽引しました。染織、陶芸、漆芸から室内装飾や庭園まで幅広い活動を展開、絵画作品も多数残っている。伊勢物語から材をとった「八橋」、愛らしくのどかな木版色摺絵本「百々世草」、モダンな蝶の図案集「蝶千種」、波や水の文様の図案集「海路」、流水紋を緩やかに配した「水の図向附皿」、「菊花透し彫鉢」の陶磁器図案、ひょうひょうとした図柄が並ぶ「滑稽図案」等の作品をご紹介頂きました。また、雪佳が、平安時代の「料紙装飾」等古い物に学び、「フランス新美術アルヌーボーの曲線応用は、藤原鎌倉時代の日本製品に凡て使われており、今更珍しく蝶々する程の事にあらず」と談じた事をご紹介頂きました。日本の伝統美をもっと大切にすべきと感じました。
第147回月例会 −歴史・文化に親しむ会−
・テーマ: 近代琳派・神坂雪佳
      〜 琳派の伝統とモダンデザイン 〜
・日 時: 2018年11月28日(水) 16:00〜18:00
・場 所: 大阪市立大学 文化交流センター
      大阪駅前第2ビル6階 大セミナー室
・講 師: 福井 麻純 (ふくい ますみ) 様 ( 細見美術館 主任学芸員 )
      
      
■ドイツ文化研究会 NEW
第74回ドイツ文化研究会を開催します。
・日時:2018年12月10日(月)、11日(火)
・場所:南紀白浜ブランシエラリゾート
   和歌山県西牟婁郡白浜町 詳細 >>こちら
■コンサート/展示会開催 
下記の催しを行います。 NEW
■会員活動/姉妹団体活動紹介
自己実現を目指し活動する正会員の活動、
KlubZukunftから生まれた団体活動を紹介!
■入会のご案内
KlubZukunftをご一緒に盛り上げませんか?
■関連サイト
KlubZukunftに関連するサイト
■お問合わせ
お問合せは >>こちらから
Copyright(C)2010 KlubZukunft all rights reserved.