HOME KlubZukunftとは 催しのご案内 催事実績 入会ご案内 会員活動紹介 お問合せ
■お知らせ 2019年12月開催のハウスコンサートチケット発売開始!! 詳細/申込方法はこちら
◆2019/2/1 2019年1月23日(水)14時から2018年度総会が開催されました!! NEW  詳しくはこちら
◆2019/1/1 機関誌「つーくんふと」2019年新春号発刊!御協力金一冊500円で頒布。事務局迄申込を!
◆2018/4/1 2018年3月31日(土)に「春の散策会」開催しました。 詳しくはこちら
◆2018/1/1 2018年1月24日(水) 2017年度総会を開催しました!! 詳しくはこちら
◆2017/9/1 2017年12月1日(金) 「第6回ハウスコンサート」開催しました!! 詳しくはこちら
◆2017/2/1 2017年1月25日(水) 2016年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2016/2/1 2016年1月27日(水) 2015年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2015/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第6号発行!!  Bulletin_第6号の閲覧はこちら
◆2015/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第5号発行!!  Bulletin_第5号の閲覧はこちら
◆2015/2/1 2015年1月28日(水) 2014年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2014/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第4号発行!!  Bulletin_第4号の閲覧はこちら
◆2014/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第3号発行!!  Bulletin_第3号の閲覧はこちら
◆2014/1/1 2013年12月18日(水) 2013年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2013/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第2号発行!!  Bulletin_第2号の閲覧はこちら
◆2013/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第1号発行!!  Bulletin_第1号の閲覧はこちら
◆2013/1/1 2012年12月19日(水) 2012年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
 
   
■月例会(8月度)開催のお知らせ
その他の催しNEW>>こちら
佐々木 久裕 様
第156回月例会 
入会しなくても参加可!!
−歴史・文化に親しむ会−  案内状
・テーマ: 星・太陽・月の信仰について
・日 時: 2019年8月28日(水) 15:30〜17:00
     注意:開始時間が本年から30分早まっています!!
・場 所: 大阪市立大学 文化交流センター
       大阪駅前第2ビル6階 大セミナー室  地図
・講 師: 佐々木 久裕 (ささき ひさひろ) 様
     ( 星田神社・星田妙見宮宮司 )
・参加料: 正会員 500円  賛助会員/一般 1000円
*:懇親会も開催します。是非、ご参加ください。
佐々木様から下記のお話しをしていただけるとお聞きしています。 皆様のご参加をお待ちしています。また、皆さまのお友達にも参加の働きかけをしていただき、ご一緒にご出席ください。
「人間は、大自然を通じて、森羅万象の中に、人間の生きるべき価値を見出そうとしてきた。人間の生死はもちろん、全ての営みそのものが、森羅万象の一つであり、その中にこそ人間が求めてやまない本当の人間の価値があると信じてきた。我が国の最古の書「古事記」は、天地開闢から太陽・月が生まれたとし、決して太陽や月を絶対神とも見做さなかった。 われわれ日本人の御祖たちは、大自然の中に、生死を見、生きる価値を見出してきたのである。われわれ日本人の「星・太陽・月」に対する信仰とはどのようなものであったのであろうか。妙見信仰から見えてくる日本人の宗教観を考えてみたいと思う。」
月例会、懇親会参加申込 >>こちらから
事前申込必須_7月21日(土)21時締切。懇親会は実費(3500〜4000円程度)ご負担
■こんな月例会を実施しました
総会・催事実績>>こちら
溝井 裕一 様
溝井先生は、著書『水族館の文化史 - ひと・動物・モノがおりなす魔術的世界』(勉誠出版)や一連の著作活動の業績が評価され、2018年、第40回サントリー学芸賞を受賞されました。その水族館の文化を中心にお話をいただきました。水族館は、1853年にイギリスで水槽陳列型の世界初の公開型水族館フィッシュハウスが誕生。その後、水中世界に入ってゆく様な体験ができる洞窟式、パノラマ式の「没入型展示」が、1867年パリ万博付属水族館、1869年ベルリン水族館ではじまった。この水族館文化は、1876年グレート・ニューヨーク水族館、1882年上野動物園の観魚室、1897年和田岬水族館等、アメリカや日本に伝わった。その後、折り曲げが容易で圧力に強いアクリルガラスの発明で、のぞき窓の大型化等没入体験を向上させる多様な水槽を実現できる様になった事から、1938年、アメリカのマリン・スタジオが世界に先駆けて実際の海中と同じように様々な種類の魚や生物を同じ水槽の中で飼育するオセアナリウムを導入しました。日本においても1957年神戸市立須磨水族館等いくつものオセアナリウムがオープンしています。21世紀に向け、没入型展示は更に発展し、よりリアルに、よりテーマ性の強い水族館として発展してゆくと話されました。お話しを聞いて、博物館の一種である水族館は、娯楽だけでなく教育や研究施設でもありますので、世界の教育や研究の歴史と状況についても知りたいと思いました。
 
第155回月例会 −歴史・文化に親しむ会−
・テーマ: 水族館で海底散策 ― 「没入型展示」の歩み −
・日 時: 2019年 7月24日(水) 13:30〜16:30
・場 所: 大阪市立大学 文化交流センター
      大阪駅前第2ビル6階 大セミナー室
・講 師: 溝井 裕一 (みぞい ゆういち) 様
      ( 関西大学教授 )
      
      
■ドイツ文化研究会 NEW
第82回ドイツ文化研究会を開催します。
・日時:2019年8月19日(月)
・場所:JR大阪駅前 大阪市立大学
   文化交流センター  詳細 >>こちら
■コンサート/展示会開催 
下記の催しを行います。 NEW
■会員活動/姉妹団体活動紹介
自己実現を目指し活動する正会員の活動、
KlubZukunftから生まれた団体活動を紹介!
■入会のご案内
KlubZukunftをご一緒に盛り上げませんか?
■関連サイト
KlubZukunftに関連するサイト
■お問合わせ
お問合せは >>こちらから
Copyright(C)2010 KlubZukunft all rights reserved.