HOME KlubZukunftとは 催しのご案内 催事実績 入会ご案内 会員活動紹介 お問合せ
■お知らせ  2018年もよろしくお願いします!!
◆2018/1/1 2018年1月24日(水) 2017年度総会を開催しました!! 詳しくはこちら
◆2017/9/1 2017年12月1日(金) 「第6回ハウスコンサート」開催しました!! 詳しくはこちら
◆2017/2/1 2017年1月25日(水) 2016年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2017/1/1 機関誌「つーくんふと」2017年新春号発刊!御協力金一冊500円で頒布。事務局迄申込を!
◆2016/2/1 2016年1月27日(水) 2015年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2015/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第6号発行!!  Bulletin_第6号の閲覧はこちら
◆2015/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第5号発行!!  Bulletin_第5号の閲覧はこちら
◆2015/2/1 2015年1月28日(水) 2014年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2014/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第4号発行!!  Bulletin_第4号の閲覧はこちら
◆2014/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第3号発行!!  Bulletin_第3号の閲覧はこちら
◆2014/1/1 2013年12月18日(水) 2013年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2013/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第2号発行!!  Bulletin_第2号の閲覧はこちら
◆2013/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第1号発行!!  Bulletin_第1号の閲覧はこちら
◆2013/1/1 2012年12月19日(水) 2012年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
 
   
■月例会(2月度)開催のお知らせ
その他の催しNEW>>こちら
唐澤 太輔 様
第138回月例会  案内状 
入会しなくても参加可!!
−歴史・文化に親しむ会−
・テーマ: 「熊楠の図と思想」
・日 時: 2018年2月28日(水) 16:00〜18:00
・場 所: 大阪市立大学 文化交流センター
       大阪駅前第2ビル6階 大セミナー室  地図
・講 師: 唐澤 太輔 (からさわ たいすけ) 様
      (龍谷大学世界仏教文化研究センター 博士研究員)
・参加料: 正会員 500円  賛助会員/一般 1000円
*:懇親会も開催します。是非、ご参加ください。
昨年8月の第132回月例会で「名言でたどる南方熊楠」という演題で、熊楠が残した数々の名言とともに、大胆で痛快な彼の人生をお聴きし、皆様方にご好評をいただいた、龍谷大学の南方熊楠研究者、唐澤太輔博士に再登場いただき、「熊楠の図と思想」というテーマで彼の深遠な図と思想の解説を伺います。 知の巨人・南方熊楠(1867〜1941、博物学者、民俗学者)は、那智山で「南方マンダラ」と呼ばれる図を描き、森羅万象を捉える方法を構想しました。熊楠のコスモロジーが隠されたこの図は、どのようなプロセスを経て成立したのでしょうか。他にも「事の学」「熊楠の生命の樹」など熊楠は多様な図を描いています。今回は「南方マンダラ」を中心に、詳しく解説していただく機会となります。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。また、皆さまのお友達にも働きかけをしていただき、ご一緒にご出席いただきたくどうぞよろしくお願いいたします。
月例会、懇親会参加申込 >>こちらから
懇親会は事前申込必須_2月24日(土)21時締切。実費(3500〜4000円程度)ご負担
■こんな月例会を実施しました
総会・催事実績>>こちら
栗本 夏樹 様
美術工芸シリーズT-3として漆造形作家で京都市立芸術大学教授でもある栗本夏樹様をお招きし「漆でアート? 美術→工芸→漆芸」と題しお話をいただきました。
先生は、高校に進学されて、日本拳法部、映画研究会、美術部(油絵)と各種体験を経て、美術の先生になろうと思われたそうです。進学予備校に通う中で、工芸というより造形のすばらしい八木一夫の陶芸作品に出会い、焼物の道を目指そうと京都市立芸術大学の工芸科に進まれたそうです。しかしながら、大学1年で受講必須の陶器、染織、漆の体験を通して、古来の漆工芸ではなく漆造形という世界ならパイアオニアになれるかもしれないと感じ、以来、漆造形の道に進まれ、現在は、大学で漆芸を教える事とご自身の作品を作る事をお仕事にされているそうです。
漆を単に塗料や接着材の材料としてではなく、「再生する/命を生み出す」為の橋渡しをするものとして捉え、使命感や責任を感じ漆造形に取り組んでおられるそうです。映像によりご紹介いただいた様々な作品(車のボンネット/ケヤキの樹皮/荷造り用紐/紙/紙管等に漆をほどこした)に、生み出された新しい命(新しい価値創造物)を感じました。「漆造形により人間を追い求めている、表現の完成度を追求している」というお話しをもっとお聞きし、可能であればディスカスしてみたいと感じました。
第137回月例会 −歴史・文化に親しむ会−
・テーマ: 美術・工芸シリーズT-3
      「漆でアート? 美術→工芸→漆芸」
・日 時: 2017年 1月24日(水) 16:00〜18:00
・場 所: 大阪市立大学 文化交流センター
      大阪駅前第2ビル6階 大セミナー室
・講 師: 栗本 夏樹(くりもと なつき)様  (京都市立芸術大学教授)
      
      
■ドイツ文化研究会 NEW
第64回ドイツ文化研究会を開催します。
・日時:2018年2月19日(月)15時半〜
・場所:JR大阪駅前 大阪市立大学
   文化交流センター  詳細 >>こちら
■コンサート/展示会開催 
下記の催しを行いました。
■会員活動/姉妹団体活動紹介
自己実現を目指し活動する正会員の活動、
KlubZukunftから生まれた団体活動を紹介!
■入会のご案内
KlubZukunftをご一緒に盛り上げませんか?
■関連サイト
KlubZukunftに関連するサイト
■お問合わせ
お問合せは >>こちらから
Copyright(C)2010 KlubZukunft all rights reserved.