HOME KlubZukunftとは 催しのご案内 催事実績 入会ご案内 会員活動紹介 お問合せ
■お知らせ コロナ感染者が増加してきています。感染防止に努めましょう。
 
◆2022/11/1 本年2022年12月度月例会は20名限定で参加者募集!早いもの順で受け付けます。 >詳細はこちらNEW
◆2022/11/1 本年2022年12月9日開催のハウスコンサートチケットは完売しました。 >詳細はこちらNEW
◆2022/8/1 2021年ハウスコンサートで演奏していただいた「庄司 拓」様が、11/20にチェロリサイタルを開催されます。
       ご紹介させていただきます。 >詳細はこちらNEW
◆2022/3/24 2022年3月26日(土) 春の散策会「世界遺産 京都宇治を歩く」雨天の為、中止しました。  >詳細はこちら
◆2021/12/30 2022年も月例会にご参加ください。月によっては水曜日でなく火曜日に変更して開催しますのでご注意ください。
       開催日程はこちら
◆2021/1/29 2020年度総会は、1/27(水)に、オンラインで開催しました。詳しくはこちらNEW
◆2020/2/1 2019年度総会を2020年1月18日(水)に開催しました。   詳しくはこちら
◆2019/2/1 2019年1月23日(水)14時から2018年度総会が開催されました!!   詳しくはこちら
◆2018/1/1 2018年1月24日(水) 2017年度総会を開催しました!! 詳しくはこちら
◆2017/2/1 2017年1月25日(水) 2016年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2016/2/1 2016年1月27日(水) 2015年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2015/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第6号発行!!  Bulletin_第6号の閲覧はこちら
◆2015/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第5号発行!!  Bulletin_第5号の閲覧はこちら
◆2015/2/1 2015年1月28日(水) 2014年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2014/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第4号発行!!  Bulletin_第4号の閲覧はこちら
◆2014/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第3号発行!!  Bulletin_第3号の閲覧はこちら
◆2014/1/1 2013年12月18日(水) 2013年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2013/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第2号発行!!  Bulletin_第2号の閲覧はこちら
◆2013/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第1号発行!!  Bulletin_第1号の閲覧はこちら
◆2013/1/1 2012年12月19日(水) 2012年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
 
   
■月例会(12月度)開催のお知らせ
その他の催しNEW>>こちら
小口 理一 様
第196回(12月度)月例会 
入会しなくても参加可!!
−歴史・文化に親しむ会−  案内状と地図  コロナ感染対策のお願い
・テーマ: 環境に応じた植物の戦略  20名様限定で参加者募集!
・日 時: 12月21日(水)14:00〜15:30
 
・場 所: 大阪公立大学附属植物園 *入口に13:50までに集合
      京阪電車 枚方駅で京阪交野線に乗り換えて、
      京阪交野線 「私市(きさいち)」駅下車 徒歩6分
・講 師: 小口 理一 (おぐち りいち)様
      大阪公立大学 大学院理学研究科 准教授
・参加料: 正会員 500円  賛助会員/一般 1000円
 別途、入園料@350円(大阪府下在住65歳以上の人@150円)必要
大阪公立大学附属植物園には,日本の森林を構成する代表的な11の樹林型の復元展示をはじめ、世界各地から集められた様々な環境に適応した植物が展示されています。今回は、現地で、実際に植物を見て、体験していただきたいと思います。これらの植物の特徴を観察し、生育環境との関連を考察します。観察した植物の形態の違いから、それぞれの植物の戦略の違いについて考察することで、「動かない植物」であっても様々な戦略を持って生きていることへの気づきを得て頂くとともに、地球環境変動が植物に与える影響についても一緒に考えていきたいと思います。 皆様のご参加をお待ちしています。また、皆さまのお友達にも参加の働きかけをしていただき、ご一緒にご出席いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
 
コロナ感染防止の観点から、懇親会は行いません。
月例会申込(申込締切:12/17(土)21時): >>こちらから
■こんな月例会を実施しました
総会・催事実績>>こちら
浜本 隆三 様
アメリカへの入植が始まった1600年から1900年代にかけて描かれたアメリカの絵画を年代順に、その時代思潮を読み解いていただきました。トーマス・スミスの「自画像1680年」は、ピューリタンとして禁欲的で厳格な信仰と海運貿易で苦労の末に得た富との葛藤の様子を表している。その後、独立戦争にてイギリスから独立を果たす。チャールズ・ピールの「最初のアメリカのマストドン発掘1806年」は、アメリカで最初のマンモスの骨発掘の絵で、文化的にもアメリカの独自性への関心が高まった事がわかる。1830年頃になると自然は神の化身・神は全ての人に宿るという超絶主義が発展し、トーマス・コールの「シュロン山、アディロンダック1838年」は、天国に続く道である神の山を描いたものだ。ジョン・ガストの「アメリカの進歩1872年」は、先住民族を追いやった西部開拓は神意だと示している。ウィンスロー・ホーマーの「オールド ミル1871年」は、南北戦争後、多くの女性が工場で働く産業の危うさを表しているそうだ。ジョン・スローンの「女性の仕事1912年」は、女性自らの権利獲得の第1次フェミニズム運動が行われた時代だそうです。絵画を通して、アメリカの歴史を楽しく学ぶ事ができました。
第194回月例会 −歴史・文化に親しむ会−
・テーマ: 謎解き! 絵画でたどるアメリカの歴史
・日 時: 2022年11月22日(水)15:30〜17:30
・場 所: 大阪公立大学 文化交流センター
      大阪市北区梅田1-2-2-600 大阪駅前第2ビル6階
・講 師: 浜本 隆三(はまもと りゅうぞう)様
      甲南大学 文学部英語英米文学科 講師
      
      
■ドイツ文化研究会 NEW
第119回の研究会を開催します。 >詳細はこちら
・日時:2022年12月11日(日)、12日(月) 
・場所:ユニトピアささやま
    丹波篠山市 Tel:079-552-5222
■コンサート/展示会開催 
下記の開催を計画しています。 NEW
■会員活動/姉妹団体活動紹介
自己実現を目指し活動する正会員の活動、
KlubZukunftから生まれた団体活動を紹介!
■入会のご案内
KlubZukunftをご一緒に盛り上げませんか?
■関連サイト
KlubZukunftに関連するサイト
■お問合わせ
お問合せは >>こちらから
Copyright(C)2010 KlubZukunft all rights reserved.