HOME KlubZukunftとは 催しのご案内 催事実績 入会ご案内 会員活動紹介 お問合せ
■お知らせ 2019年12月開催のハウスコンサートチケットは完売しました!! 開催の詳細はこちら
◆2019/9/5 2019年11月23日(土) 秋の散策会(竹ノ内街道 part2)開催!詳細/申込(11月8日締切)はこちらNEW 
◆2019/2/1 2019年1月23日(水)14時から2018年度総会が開催されました!! NEW  詳しくはこちら
◆2019/1/1 機関誌「つーくんふと」2019年新春号発刊!御協力金一冊500円で頒布。事務局迄申込を!
◆2018/4/1 2018年3月31日(土)に「春の散策会」開催しました。 詳しくはこちら
◆2018/1/1 2018年1月24日(水) 2017年度総会を開催しました!! 詳しくはこちら
◆2017/9/1 2017年12月1日(金) 「第6回ハウスコンサート」開催しました!! 詳しくはこちら
◆2017/2/1 2017年1月25日(水) 2016年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2016/2/1 2016年1月27日(水) 2015年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2015/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第6号発行!!  Bulletin_第6号の閲覧はこちら
◆2015/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第5号発行!!  Bulletin_第5号の閲覧はこちら
◆2015/2/1 2015年1月28日(水) 2014年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2014/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第4号発行!!  Bulletin_第4号の閲覧はこちら
◆2014/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第3号発行!!  Bulletin_第3号の閲覧はこちら
◆2014/1/1 2013年12月18日(水) 2013年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2013/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第2号発行!!  Bulletin_第2号の閲覧はこちら
◆2013/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第1号発行!!  Bulletin_第1号の閲覧はこちら
◆2013/1/1 2012年12月19日(水) 2012年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
 
   
■月例会(9月度)開催のお知らせ
その他の催しNEW>>こちら
河野 良文 様
第157回月例会 
入会しなくても参加可!!
−歴史・文化に親しむ会−  案内状
・テーマ: 南都七大寺と大安寺
・日 時: 2019年9月25日(水) 15:30〜17:00
     注意:開始時間が本年から30分早まっています!!
・場 所: 大阪市立大学 文化交流センター
       大阪駅前第2ビル6階 大セミナー室  地図
・講 師: 河野 良文 (こうの りょうぶん) 様
     ( 南都七大寺 大安寺 貫主、奈良日独協会 会長 )
・参加料: 正会員 500円  賛助会員/一般 1000円
*:懇親会も開催します。是非、ご参加ください。
2008年2月の第18回の月例会で、「現代日本人における仏教の役割について」のご講演いただきました南都七大寺 大安寺 貫主 の河野良文様を再び講師にお招きいたします。今回は、「南都七大寺と大安寺」と題して、ご講演をいただきます。仏教伝来以降、日本は唐制にならい律令体制を調えると共に、仏教精神を取り入れた国つくりをしていきました。聖徳太子の 17 条憲法はよく知られるところです。そして国家を護持するための官寺を中心に、氏の寺などが全国に続々と建立されていきました。奈良時代には南七大寺を中心に南都六宗が盛んに兼学され、後の平安仏教や鎌倉新仏教への基礎をなしました。古代の大安寺はその中心の寺でもありました。
大安寺がどのような役割を果たしたか等、興味深いお話しがいただけると思います。皆様のご参加をお待ちしています。また、皆さまのお友達にも参加の働きかけをしていただき、ご一緒にご出席いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
月例会、懇親会参加申込 >>こちらから
事前申込必須_9月21日(土)21時締切。懇親会は実費(3500〜4000円程度)ご負担
■こんな月例会を実施しました
総会・催事実績>>こちら
佐々木 久裕 様
平成8年、星田神社・星田妙見宮の新宮司として就任。神社は荒廃していたが、装いを一新、祭典の再興等を進められ、星田妙見宮では、7月7日に七夕祭が、7月23日に星降り祭が行われ、当地の七夕伝説を継承しているそうです。私たちの祖先は、農耕等を通じて、自然の中に神々の働きを感知し、あらゆるものを生みなす生命力も神々の働きとして捉えたのです。先祖代々の田畑を売る戒めの言葉が「田分けもの」だそうです。そして、自然物を神宿るものとしてまつり、まつりの場所に神社が誕生しました。妙見信仰は、大空に輝く太陽の恵みと、夜空に輝く月と星たちの恵みに感謝する信仰だそうです。また、北辰(北極星、北斗七星)が森羅万象を司る神として信仰することで生れた祭祀が七夕だそうです。内宮のご神体八咫鏡は天照大神の憑り代ですが、万葉集では鏡が月の象徴とのお話しにビックリ。「満月の日に出産が多い、新月に伐る木や竹は長持ちする」等の言い伝えを交えながらのお話しに、忘れていた大切な事を思い出したご講演でした。
 
第156回月例会 −歴史・文化に親しむ会−
・テーマ: 神道を通じた日本人の信仰の原点
・日 時: 2019年 8月28日(水) 13:30〜16:30
・場 所: 大阪市立大学 文化交流センター
      大阪駅前第2ビル6階 大セミナー室
・講 師: 佐々木 久裕 (ささき ひさひろ) 様
      ( 星田神社・星田妙見宮宮司 )
      
      
■ドイツ文化研究会 NEW
第83回ドイツ文化研究会を開催します。
・日時:2019年9月9日(月)
・場所:JR大阪駅前 大阪市立大学
   文化交流センター  詳細 >>こちら
■コンサート/展示会開催 
下記の催しを行います。 NEW
■会員活動/姉妹団体活動紹介
自己実現を目指し活動する正会員の活動、
KlubZukunftから生まれた団体活動を紹介!
■入会のご案内
KlubZukunftをご一緒に盛り上げませんか?
■関連サイト
KlubZukunftに関連するサイト
■お問合わせ
お問合せは >>こちらから
Copyright(C)2010 KlubZukunft all rights reserved.