HOME KlubZukunftとは 催しのご案内 催事実績 入会ご案内 会員活動紹介 お問合せ
■お知らせ 令和の時代が始まりました!!
◆2019/2/1 2019年1月23日(水)14時から2018年度総会が開催されました!! NEW  詳しくはこちら
◆2019/1/1 機関誌「つーくんふと」2019年新春号発刊!御協力金一冊500円で頒布。事務局迄申込を!
◆2018/4/1 2018年3月31日(土)に「春の散策会」開催しました。 詳しくはこちら
◆2018/1/1 2018年1月24日(水) 2017年度総会を開催しました!! 詳しくはこちら
◆2017/9/1 2017年12月1日(金) 「第6回ハウスコンサート」開催しました!! 詳しくはこちら
◆2017/2/1 2017年1月25日(水) 2016年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2016/2/1 2016年1月27日(水) 2015年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2015/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第6号発行!!  Bulletin_第6号の閲覧はこちら
◆2015/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第5号発行!!  Bulletin_第5号の閲覧はこちら
◆2015/2/1 2015年1月28日(水) 2014年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2014/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第4号発行!!  Bulletin_第4号の閲覧はこちら
◆2014/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第3号発行!!  Bulletin_第3号の閲覧はこちら
◆2014/1/1 2013年12月18日(水) 2013年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2013/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第2号発行!!  Bulletin_第2号の閲覧はこちら
◆2013/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第1号発行!!  Bulletin_第1号の閲覧はこちら
◆2013/1/1 2012年12月19日(水) 2012年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
 
   
■月例会(5月度)開催のお知らせ
その他の催しNEW>>こちら
瀬戸 俊昭 様
第153回月例会 
入会しなくても参加可!!
−歴史・文化に親しむ会−  案内状
・テーマ: 「ザ・ビートルズ 10 の『なのに』!」
・日 時: 2019年5月22日(水) 15:30〜17:00
     注意:開始時間が本年から30分早まっています!!
・場 所: 大阪市立大学 文化交流センター
       大阪駅前第2ビル6階 大セミナー室  地図
・講 師: 瀬戸 俊昭 (せと としあき) 様
     ( 「企画とプレゼンの『キプレ』」代表 )
・参加料: 正会員 500円  賛助会員/一般 1000円
*:懇親会も開催します。是非、ご参加ください。
ポップス史上最も音楽性に優れ、音楽史上最も商業的成功を収めたグループ、「ザ・ビートルズ」をご承知かと存じます。その「ザ・ビートルズ」の熱烈なマニアでありファンである瀬戸様に「ザ・ビートルズ」の真髄をお話しいただきます。彼らは常に「なのに」で語られます。常識と予想を裏切り続けたことが、彼らを偉大な伝説にしました。
題して「ザ・ビートルズ 10 の『なのに』」!
バンドの誕生から解散までを、指標となる音楽やエピソードを紹介しつつ社会や人類への影響までを、マニアでありファンである講師が熱く語ります。
皆様のご参加をお待ちしています。また、皆さまのお友達にも参加の働きかけをしていただき、ご一緒にご出席いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
月例会、懇親会参加申込 >>こちらから
事前申込必須_5月19日(土)21時締切。懇親会は実費(3500〜4000円程度)ご負担
■こんな月例会を実施しました
総会・催事実績>>こちら
光田 和伸 様
神武東征の真実の姿、そこに潜む古代史の最大のトリックについてお話しいただきました。
猿田彦族は、南方から沖縄、北九州、出雲、そして伊勢に進出して、語り部として代々の天皇の歴史を管理した民族で、古事記、日本書紀の内容も、この一族の伝承が中心となっているそうです。天照大御神が孫のニニギノミコトの降臨を決断した時、猿田彦は、そのニニギを天の八衢で出迎え、日向の国へと案内して、自らは伊勢に帰りました。ところが、紀元前七世紀頃、ニニギの曽孫にあたる若御毛野命(後の神武天皇)がヤマトを目指した(神武東征)時、伊勢の猿田彦一族が支援したという記述はありません。光田先生は、神武東征の真実の姿を「神武天皇の名で呼ばれる英雄の大和入りは紀元三世紀の初頭であって、紀元前七世紀頃、ヤマトを目指したのは猿田彦族である。猿田彦族の語り部が伝承していた自分たちのヤマト進出の主語を神武天皇に置き換えたのだ」と話されました。
また、愛媛県久米郡の古代史も紹介されました。猿田彦と同じ南方から渡来した海人久米氏が治めた地で椿神社があるそうです。椿は、海人が聖樹として信仰した樹で、伊勢にも猿田彦を祀った椿大神社がある事を思い出しました。猿田彦等の海人について更に興味がわいたご講演でした。
 
第152回月例会 −歴史・文化に親しむ会−
・テーマ: 「神武天皇と猿田彦」
・日 時: 2019年 4月24日(水) 13:30〜16:30
・場 所: 大阪市立大学 文化交流センター
      大阪駅前第2ビル6階 大セミナー室
・講 師: 光田 和伸 (みつた かずのぶ) 様
      ( 国文学者 )
      
      
■ドイツ文化研究会 NEW
第79回ドイツ文化研究会を開催します。
・日時:2019年5月13日(月)
・場所:JR大阪駅前 大阪市立大学
   文化交流センター  詳細 >>こちら
■コンサート/展示会開催 
下記の催しを行いました。
■会員活動/姉妹団体活動紹介
自己実現を目指し活動する正会員の活動、
KlubZukunftから生まれた団体活動を紹介!
■入会のご案内
KlubZukunftをご一緒に盛り上げませんか?
■関連サイト
KlubZukunftに関連するサイト
■お問合わせ
お問合せは >>こちらから
Copyright(C)2010 KlubZukunft all rights reserved.