HOME KlubZukunftとは 催しのご案内 催事実績 入会ご案内 会員活動紹介 お問合せ
■お知らせ 感染者数が増加傾向!皆さん、感染しない行動をお願いします。
 
◆2021/4/8 新型コロナウィルス感染急増の為、2021年4月度月例会(4/28)開催は中止します!!
◆2021/3/1 2021年4月3日(土)「春の散策会」開催します。申込締切3/13(土)NEW 詳しくはこちら
◆2021/1/29 2020年度総会は、1/27(水)に、オンラインで開催しました。詳しくはこちらNEW
◆2021/1/10 新型コロナウィルス感染急増の為、2021年1月度月例会(1/27)開催は中止します!!
◆2020/12/5 大阪府の非常事態宣言を受けハウスコンサート(12/9)は中止します。
◆2020/12/5 新型コロナウィルス対応の為、12月度月例会(12/16)開催は中止します!!
◆2020/7/1 コロナ感染に注意して7月から月例会を再開します!!
◆2020/4/20 新型コロナウィルス対応の為、5月度、6月度の月例会開催は中止します!!
◆2020/3/29 新型コロナウィルス対応の為、4月度月例会(4/22)開催は中止します!!
◆2020/3/14 新型コロナウィルス対応の為、春の散策会(3/28)開催は中止します!!
◆2020/3/6 新型コロナウィルス対応の為、3月度月例会(3/25)開催は中止します!!
◆2020/3/1 2020年3月28日(土) 春の散策会 北・山辺の道 開催!詳細/申込(3月14日締切)はこちらNEW 
◆2020/2/1 2019年度総会を2020年1月18日(水)に開催しました。   詳しくはこちら
◆2019/12/18 機関誌「つーくんふと」2020年新春号発刊!御協力金一冊500円で頒布。事務局迄申込を!
◆2019/2/1 2019年1月23日(水)14時から2018年度総会が開催されました!!   詳しくはこちら
◆2018/4/1 2018年3月31日(土)に「春の散策会」開催しました。 詳しくはこちら
◆2018/1/1 2018年1月24日(水) 2017年度総会を開催しました!! 詳しくはこちら
◆2017/9/1 2017年12月1日(金) 「第6回ハウスコンサート」開催しました!! 詳しくはこちら
◆2017/2/1 2017年1月25日(水) 2016年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2016/2/1 2016年1月27日(水) 2015年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2015/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第6号発行!!  Bulletin_第6号の閲覧はこちら
◆2015/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第5号発行!!  Bulletin_第5号の閲覧はこちら
◆2015/2/1 2015年1月28日(水) 2014年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2014/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第4号発行!!  Bulletin_第4号の閲覧はこちら
◆2014/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第3号発行!!  Bulletin_第3号の閲覧はこちら
◆2014/1/1 2013年12月18日(水) 2013年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2013/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第2号発行!!  Bulletin_第2号の閲覧はこちら
◆2013/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第1号発行!!  Bulletin_第1号の閲覧はこちら
◆2013/1/1 2012年12月19日(水) 2012年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
 
   
■月例会(4月度)開催のお知らせ
その他の催しNEW>>こちら
渚家 六丸 様
第176回月例会 
入会しなくても参加可!!
−歴史・文化に親しむ会−  案内状  コロナ感染対策のお願い
*感染者が急増しており、大阪・兵庫では緊急事態宣言レベルの
「まん防」実施となりましたので、開催を中止します。
 
・テーマ: 落語の起源と上方落語の特徴
・日 時: 4月28日(水)15:30〜17:00
・場 所: 大阪市立大学 文化交流センター
      大阪駅前第2ビル6階 ホール
・講 師: 渚家 六丸(なぎさや ろくまる)様
      渚家 つくし(なぎさや つくし)様
      社会人落語会「なぎさの会」
400年近い歴史を持つ落語の魅力とは何でしょう・・・。4月の第176回月例会は、落語の起源、落語の楽しみ方、上方落語と江戸落語の違いなど、落語をより分かり易く、又楽しめるコツを実演を交えながらお話していただきます。 講師は関西大学時代から落語大学に入り、桂三枝(現在の六代目桂文枝師匠)に師事し、卒業後も仕事の傍ら趣味として各地の施設やホールで落語を披露されてきました。奥様も渚家つくしという芸名で南京玉簾や手品を披露され、ご夫婦で現在もボランティアで各地の施設で落語や手品を披露し、多くの皆様を楽しませておられます。今回は、コロナ禍の緊急事態宣言解除後のお楽しみとして、日本の古典芸能の一つであります上方落語の楽しみ方を是非堪能していただきたいと思います。
皆さまのお友達にも参加の働きかけをしていただき、ご一緒にご参加いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
*:本講演は中止となりましたが、
  またの機会にご講演いただけるよう調整してまいります。
■こんな月例会を実施しました
総会・催事実績>>こちら
清田 俟子 様
大阪府交野市で開業して28年の内科・小児科医院の清田院長先生にお話を頂きました。上手なかかり方については、@気の合う、よく症状を聴いて下さるかかり付け医を作る事が大切A初診の時、症状について具体的に詳しく問診票に書き話す事。他院での検査結果、お薬手帳等を持参する事B急性の場合は、我慢しないで、かかりつけ医、119に連絡すべきC早期発見、早期治療、免疫力を高める為にも毎日楽しく、1日に1回腹の底から笑う・笑わせよう等のアドバイスを頂きました。日本の医療の課題についても話され、国民皆保険制度は、患者さんが保険証一枚で日本全国どこでも誰でも最高の医療が受けられる世界に誇れる制度であるが、新型コロナ感染症対策が遅れた一因は、感染症であるSARS、MARSが上陸しなかった為、政府が保健所や公的病院を減らしてきたからだとか、医師がOECD加盟国平均と比較して13万人不足している等の問題点があると指摘されました。医療崩壊するとこの保険制度は元に戻らないとの事。医療相談会場に変じた月例会でした。
 
第175回月例会 −歴史・文化に親しむ会−
・テーマ: 町医者から患者さんに伝えたいこと 医者への上手なかかり方
・日 時: 2021年3月24日 15:30〜17:00
・場 所: 大阪市立大学 文化交流センター
      大阪駅前第2ビル6階 ホール
・講 師: 清田 俟子(きよた まちこ) 様
      (医療法人孝清会 清田医院 院長 理事長)
      
      
■ドイツ文化研究会 NEW
第99回の研究会を開催します。
・日時:2021年4月5日(月) 
  詳細 >>こちら
■コンサート/展示会開催 
下記の開催を致しました。
■会員活動/姉妹団体活動紹介
自己実現を目指し活動する正会員の活動、
KlubZukunftから生まれた団体活動を紹介!
■入会のご案内
KlubZukunftをご一緒に盛り上げませんか?
■関連サイト
KlubZukunftに関連するサイト
■お問合わせ
お問合せは >>こちらから
Copyright(C)2010 KlubZukunft all rights reserved.