HOME KlubZukunftとは 催しのご案内 催事実績 入会ご案内 会員活動紹介 お問合せ
■お知らせ 病気や災害を鬼に見立て、それを追い払う節分。平穏になる様に祈ります。
 
◆2024/2/2 2024年3月30日(土) 春の散策会「京都府の南部 当尾の里の石仏を巡る」開催 NEW>詳細・申込みはこちら
◆2024/1/27 2024年1月24日(水)14時から2023年度総会が開催され、議案が承認されました!NEW  詳しくはこちら
◆2023/12/29 2023年12月7日開催のハウスコンサートにご来場ありがとうございました。 >概要はこちら
◆2023/12/1 アート和輪環展(11月10日〜11月12日)にご来場有難うございました!! >概要はこちら
◆2023/5/1 2023年4月1日(土) 春の散策会「世界遺産 京都・宇治」を開催しました!!  >詳細はこちら
◆2023/1/28 2023年1月25日(水)14時から2022年度総会が開催されました!!   詳しくはこちら
◆2022/12/26 コロナ感染に注意して、年末年始をお過ごしください。
◆2022/12/26 2022年12月9日開催のハウスコンサートにご来場ありがとうございました。 >詳細はこちらNEW
◆2022/3/24 2022年3月26日(土) 春の散策会「世界遺産 京都宇治を歩く」雨天の為、中止しました。
  ◆2021/12/30 2022年も月例会にご参加ください。月によっては水曜日でなく火曜日に変更して開催しますのでご注意ください。
       開催日程はこちら
◆2021/1/29 2020年度総会は、1/27(水)に、オンラインで開催しました。詳しくはこちらNEW
◆2020/2/1 2019年度総会を2020年1月18日(水)に開催しました。   詳しくはこちら
◆2019/2/1 2019年1月23日(水)14時から2018年度総会が開催されました!!   詳しくはこちら
◆2018/1/1 2018年1月24日(水) 2017年度総会を開催しました!! 詳しくはこちら
◆2017/2/1 2017年1月25日(水) 2016年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2016/2/1 2016年1月27日(水) 2015年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2015/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第6号発行!!  Bulletin_第6号の閲覧はこちら
◆2015/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第5号発行!!  Bulletin_第5号の閲覧はこちら
◆2015/2/1 2015年1月28日(水) 2014年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2014/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第4号発行!!  Bulletin_第4号の閲覧はこちら
◆2014/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第3号発行!!  Bulletin_第3号の閲覧はこちら
◆2014/1/1 2013年12月18日(水) 2013年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2013/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第2号発行!!  Bulletin_第2号の閲覧はこちら
◆2013/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第1号発行!!  Bulletin_第1号の閲覧はこちら
◆2013/1/1 2012年12月19日(水) 2012年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
 
   
■月例会(2月度)開催のお知らせ
その他の催しNEW>>こちら
津田 慎一 様
第210回(2月度)月例会
入会しなくても参加可!!
−歴史・文化に親しむ会−    案内状  コロナ感染対策のお願い
・テーマ: 千年後に迫りくる大洪水
・日 時: 2月28日(水)15:30〜17:00
 
・場 所: 大阪公立大学 文化交流センター 地図
      大阪市北区梅田1-2-2-600 大阪駅前第2ビル6階
・講 師: 津田 慎一(つだ しんいち)様
      元 東海大学工学部航空宇宙学科教授
・参加料: お一人 正会員 500円  賛助会員/一般 1000円
・懇親会: 実費ご負担 5000円前後/一人 事前申込必要
講師は東京大学で航空宇宙工学を専攻され、メーカーにて宇宙開発にかかわってこられ、その後東海大学の航空宇宙工学科で後進の指導に当たってこられました。三千年を周期とした、地球規模での大洪水が過去何度も出現し、その記録が「ノアの箱舟」や「アトランティス大陸の消滅」等の神話や昔話に語り継がれており、その痕跡も科学的に明らかになりつつあります。ピラミッドをはじめとする高層建築が何故造られたのか? 日本書紀に残された巨大洪水と神功皇后の物語は何を意味するのか? 千年後に迫りくる「大洪水」はどのように起こるのか? 古代史のミステリーは尽きるところがありません。今回は謎多き地球 46 億年の歴史のほんの一部を、宇宙工学者の知見から解き明かしていく古代史ミステリーの謎を一緒に考えてみませんか・・・。皆様のご参加をお待ちしています。また、皆さまのお友達にも参加の働きかけをしていただき、ご一緒にご出席いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
 
月例会、懇親会参加申込 >>こちらから  2月24日(土)21時締切。
懇親会参加の方は、早めにお申込みください。
■こんな月例会を実施しました
総会・催事実績>>こちら
藤澤 一夫 様
ドイツは、2022年末に予定していた脱原発も、遅れたとはいえ、2023年4月15日に達成しました。また、ウクライナ戦争によるエネルギー危機に見舞われながらも化石燃料から再生可能エネルギーへのエネルギー転換を積極的に進めています。こんなエネルギー転換への取り組み状況についてお話をしていただきました。
お話をお聞きして、ビックリしたのは、原発全廃を決めた2000年時点で,総発電量の約30%が原子力、60%が火力(天然ガス含む)に依存していたのに、原子力をゼロにし、火力発電の依存率を減らし、逆に、再生可能エネルギーで約45%の発電量を賄う迄にインフラ整備を推進している事でした。2030年には、総発電量の80%を再生可能エネルギーに転換するのが目標との事。再生可能エネルギーとしては、風力、太陽光、バイオマス、水力である。総発電量の約20%を風力で実現しており、ドイツは約2万8千基(日本約二千6百基)を設置、高さ二百メートルを超える発電機もあるそうです。そして、バイオマスは、その発電設備がドイツ国内に約1万施設も設置されているそうだ。バイオマスのエネルギー植物の主は食物「とうもろこし」だとの事。メリット、デメリットの折り合いをつけながらのドイツの推進力は、すごいと感じました。
 

第209回月例会 −歴史・文化に親しむ会−
・テーマ: エネルギー転換に挑むドイツ
・日 時: 2024年 1月24日(水)15:30〜17:00
・場 所: 大阪公立大学 文化交流センター
      大阪市北区梅田1-2-2-600 大阪駅前第2ビル6階
・講 師: 藤澤 一夫(ふじさわ かずお) 様
      和光純薬ドイツ法人 元社長
      
      
■東西文化研究会 NEW
東西文化研究会を開催します。 >詳細はこちら
・日時:2024年2月5日(月) 
・場所:大阪駅前 大阪公立大学文化交流センター
■コンサート/展示会開催 
下記の開催を致しました。
■会員活動/姉妹団体活動紹介
自己実現を目指し活動する正会員の活動、
KlubZukunftから生まれた団体活動を紹介!
■入会のご案内
KlubZukunftをご一緒に盛り上げませんか?
・KlubZukunftとは?
・組織体制
・賛助会員と正会員
・会則
  (2024年1月24日改訂) NEW
入会申し込み >>こちらから
■関連サイト
KlubZukunftに関連するサイト
■お問合わせ
お問合せは >>こちらから
Copyright(C)2010 KlubZukunft all rights reserved.