HOME KlubZukunftとは 催しのご案内 催事実績 入会ご案内 会員活動紹介 お問合せ
■お知らせ  10月19日から第7回アート和輪環展を開催します。是非、ご高覧ください!!詳しくはこちら
◆2017/9/1 2017年12月1日(金) 「第6回ハウスコンサート」チケット完売!! 詳しくはこちら
◆2017/7/1 2017年12月1日(金) 「第6回ハウスコンサート」開催のお知らせ 詳しくはこちら
◆2017/7/1 機関誌「つーくんふと」2017年盛夏号リニューアル創刊第2号発刊!御協力金一冊500円で頒布。事務局迄申込を!
◆2017/4/1 2017年10月開催の「秋の一泊旅行会」参加申込の受付は終了しました
◆2017/2/1 2017年1月25日(水) 2016年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2017/1/1 機関誌「つーくんふと」2017年新春号発刊!御協力金一冊500円で頒布。事務局迄申込を!
◆2016/2/1 2016年1月27日(水) 2015年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2015/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第6号発行!!  Bulletin_第6号の閲覧はこちら
◆2015/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第5号発行!!  Bulletin_第5号の閲覧はこちら
◆2015/2/1 2015年1月28日(水) 2014年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2014/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第4号発行!!  Bulletin_第4号の閲覧はこちら
◆2014/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第3号発行!!  Bulletin_第3号の閲覧はこちら
◆2014/1/1 2013年12月18日(水) 2013年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2013/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第2号発行!!  Bulletin_第2号の閲覧はこちら
◆2013/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第1号発行!!  Bulletin_第1号の閲覧はこちら
◆2013/1/1 2012年12月19日(水) 2012年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
 
   
■月例会(10月度)開催のお知らせ
その他の催しNEW>>こちら
唐澤 太輔 様
第134回月例会  案内状 
入会しなくても参加可!!
−歴史・文化に親しむ会−
・テーマ: 美術・工芸シリーズT-1 「琳派 ―美を愉しむ―」
・日 時: 2017年10月25日(水) 16:00〜18:00
・場 所: 大阪市立大学 文化交流センター
      大阪駅前第2ビル6階 大セミナー室  地図
・講 師: 福井 麻純 ( ふくい ますみ ) 様
      ( 細見美術館 主任学芸員 )
・参加料: 正会員 500円  賛助会員/一般 1000円
京都の細見美術館の主任学芸員である福井麻純さんに「琳派 ―美を愉しむ―」と題し、 とりわけ教科書にも取り上げられる名品としてあまりにも有名な俵屋宗達の「風神雷神図?風」や、 尾形光琳の「紅白梅図?風」など、日本美術の中でも華やかな作風で広く知られる琳派ついてお話しいただきます。 琳派は、「派」といっても流派として継承されてきたものではないとのこと。その琳派の特徴や見ど ころを琳派の代表作を中心にスライドでご紹介、お話しいただき、「琳派とは?」の謎に迫っていただ けるそうです。皆さまとご一緒に時代を超えて愛される琳派の魅力に触れる時間を過ごしましょう。 皆様のご参加をお待ちしています。また、皆さまのお友達にも参加の働きかけをしていただき、ご 一緒にご出席いただければと思います。
月例会・懇親会参加申込 >>こちらから
懇親会は事前申込必須_10月21日(土)21時締切。実費(3500〜4000円程度)ご負担
■こんな月例会を実施しました
総会・催事実績>>こちら
岩井 洋 様
ご専門の一つである宗教社会学のご研究から、とりわけ西欧のカトリック社会の宗教文化についての お話をいただきました。ヨーロッパのカトリックには、日本の絵馬によく似た 「エクス・ヴォート(ex-voto)」と呼ばれるものを教会に奉納する習俗があるそうです。 エクス・ヴォートは、ラテン語の「誓願により」で、カトリック世界における聖人・聖母に対する 感謝の奉納物です。起源は、身体の部分をかたどったものから、奉納画に発展したそうで、 15世紀半ばにイタリア中部でおこった奉納画の習俗が、16世紀以降、ヨーロッパ全土に普及しました。 日本の絵馬の画題が「謎解き」と「判じ絵」であるのに対して、エクス・ヴォートは、聖人・聖母が奇跡を 起こした出来事を描写したもの。聖母マリアは、1830年の「奇跡のメダイユ教会(パリ)」を皮切りに、 世界各地で出現し、奇跡譚が広まって巡礼地となり、エクス・ヴォートの奉納も習俗として定着していったようである。ちなみにプロテスタント教会には、このような習俗は無いそうです。日本と似ている習俗のお話しに少し親近感がわきました。
第133回月例会 −歴史・文化に親しむ会−
・テーマ: ヨーロッパのカトリックにおける奉納習俗について
・日 時: 2017年 9月27日(水) 16:00〜18:00
・場 所: 大阪市立大学 文化交流センター
      大阪駅前第2ビル6階 大セミナー室
・講 師: 岩井 洋 ( いわい ひろし ) 様
      ( 帝塚山大学 前学長・文学部教授 )
      
      
■ドイツ文化研究会 NEW
第60回ドイツ文化研究会を開催します。
・日時:2017年10月 2日(月)16時〜
・場所:大阪市立大学文化交流センター 大阪駅前
 第2ビル6階  地図  詳細 >>こちら
■コンサート/展示会開催 
下記の催しを行います。NEW
■会員活動/姉妹団体活動紹介
自己実現を目指し活動する正会員の活動、
KlubZukunftから生まれた団体活動を紹介!
■入会のご案内
KlubZukunftをご一緒に盛り上げませんか?
■関連サイト
KlubZukunftに関連するサイト
■お問合わせ
お問合せは >>こちらから
Copyright(C)2010 KlubZukunft all rights reserved.