HOME KlubZukunftとは 催しのご案内 催事実績 入会ご案内 会員活動紹介 お問合せ
■お知らせ  京都府立植物園ではバラの花がまっさかりです!!
◆2018/4/1 2018年3月31日(土)に「春の散策会」開催しました。NEW 詳しくはこちら
◆2018/1/1 2018年1月24日(水) 2017年度総会を開催しました!! 詳しくはこちら
◆2017/9/1 2017年12月1日(金) 「第6回ハウスコンサート」開催しました!! 詳しくはこちら
◆2017/2/1 2017年1月25日(水) 2016年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2017/1/1 機関誌「つーくんふと」2017年新春号発刊!御協力金一冊500円で頒布。事務局迄申込を!
◆2016/2/1 2016年1月27日(水) 2015年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2015/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第6号発行!!  Bulletin_第6号の閲覧はこちら
◆2015/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第5号発行!!  Bulletin_第5号の閲覧はこちら
◆2015/2/1 2015年1月28日(水) 2014年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2014/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第4号発行!!  Bulletin_第4号の閲覧はこちら
◆2014/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第3号発行!!  Bulletin_第3号の閲覧はこちら
◆2014/1/1 2013年12月18日(水) 2013年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2013/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第2号発行!!  Bulletin_第2号の閲覧はこちら
◆2013/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第1号発行!!  Bulletin_第1号の閲覧はこちら
◆2013/1/1 2012年12月19日(水) 2012年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
 
   
■月例会(6月度)開催のお知らせ
その他の催しNEW>>こちら
弓場 紀知 様
第142回月例会  案内状 
入会しなくても参加可!!
−歴史・文化に親しむ会−
・テーマ: 明石が生んだ世界的中国陶磁コレクター・横河民輔
・日 時: 2018年6月27日(水) 16:00〜18:00
・場 所: 大阪市立大学 文化交流センター
       大阪駅前第2ビル6階 大セミナー室  地図
・講 師: 弓場 紀知 (ゆば ただのり) 様
      ( 石洞美術館館長、兵庫陶芸美術館副館長 )
・参加料: 正会員 500円  賛助会員/一般 1000円
*:懇親会も開催します。是非、ご参加ください。
日本における中国陶磁研究の礎となった1500点を誇る東京国立博物館の質・量ともに世界最大規模の「横河コレクション」をテーマにお話をいただきます。日本のやきもの趣味は9世紀の平安時代の喫茶の流行に始まります。茶碗は中国のやきもので「唐物」と呼ばれました。唐物数寄は室町の東山時代に頂点を迎えます。その象徴が「天目茶碗」。掛物は牧渓の水墨画。桃山・江戸時代には茶道具は格式の高い道具として大名、商人たちに絶賛され、そのほとんどは徳川家が独占しました。近代になるとやきものそのものの美しさが求められました。そうしたやきものは「鑑賞陶器」と呼ばれます。それはヨーロッパからの流れです。建築家であり、実業家としても活躍された横河民輔博士は今日の横河橋梁、横河電気の創業者でもあります。そうした事業と共に博士は中国のやきものの蒐集にも力を入れその全てのコレクション1500点は東京国立博物館に寄贈され「横河コレクション」として日本の中国陶磁研究の代表的作品として知られています。横河コレクション無くして日本の中国陶磁研究はないと行っても過言ではないでしょう。
上野公園の西洋美術館には松方コレクションも有名ですがこれも神戸が生んだ西洋絵画コレクションです。明石に生まれた横河博士、神戸が生んだ松方幸次郎という関西から発信元をもつ2大コレクターのことは地元関西ではほとんど知られていません。日本の芸術鑑賞の基礎は関西出身の2人の実業家によってうみだされたのです。今回はそのうちの横河コレクションを中心にお話しいただきます。皆様のご参加をお待ちしています。また、皆さまのお友達にも参加の働きかけをしていただき、ご一緒にご出席いただければと思います。どうぞ奮ってご参加ください。
月例会、懇親会参加申込 >>こちらから
懇親会は事前申込必須_6月23日(土)21時締切。実費(3500〜4000円程度)ご負担
■こんな月例会を実施しました
総会・催事実績>>こちら
大場 茂明 様
1989年以来大阪市の友好都市提携でもあるハンブルク市の衰退地区再生事業について、映像等でご紹介いただきました。再開発等で地域内部での格差が拡大し、衰退地区が出現するジェントリフィケーションの対策事業です。ザンクト・パウリ地区では、1980年代以降に老朽住宅修復や建物の用途転用の再開発を行った。なかでも、アルトバウ(1949年以前の建築物)は、天井高で気積が大きく、様々な用途に活用できる為、人気物件となった。結果、事務所やサービス業への進出、歓楽街から文化・娯楽地区への転換等が進み、可能性の街へと変貌しました。1990年にはStegが設立され、市内の住宅・事務所の管理、コミュニティづくり、歴史的建造物の保全と公共施設(病院や食肉処理場)への活用、公的資金投入による老朽住宅改修と家賃高騰防止等を行いました。結果、過度のジェントリフィケーションを抑止できたそうだ。これらの経験をそのまま日本へ適用する事は、制度上の違いから非現実的であり、景観条例や建築協定といった取組みが「まちづくり」だと締め括られました。
第141回月例会 −歴史・文化に親しむ会−
・テーマ: 映像で見るハンブルクのまちづくり
・日 時: 2018年5月23日(水) 16:00〜18:00
・場 所: 大阪市立大学 文化交流センター
      大阪駅前第2ビル6階 大セミナー室
・講 師: 大場 茂明 (おおば しげあき) 様
      ( 大阪市立大学大学院文学研究科 教授 )
      
      
■ドイツ文化研究会 NEW
第68回ドイツ文化研究会を開催します。
・日時:2018年6月11日(月)15時半〜
・場所:JR大阪駅前 大阪市立大学
   文化交流センター  詳細 >>こちら
■コンサート/展示会開催 
下記の催しを行いました。
■会員活動/姉妹団体活動紹介
自己実現を目指し活動する正会員の活動、
KlubZukunftから生まれた団体活動を紹介!
■入会のご案内
KlubZukunftをご一緒に盛り上げませんか?
■関連サイト
KlubZukunftに関連するサイト
■お問合わせ
お問合せは >>こちらから
Copyright(C)2010 KlubZukunft all rights reserved.