HOME KlubZukunftとは 催しのご案内 催事実績 入会ご案内 会員活動紹介 お問合せ
■お知らせ  新年おめでとうございます。本年も何卒よろしくお願いします。
◆2017/1/1 機関誌「つーくんふと」2017年新春号発刊!御協力金一冊500円で頒布。事務局迄申込を!
◆2016/2/1 2016年1月27日(水) 2015年総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2015/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第6号発行!!  Bulletin_第6号の閲覧はこちら
◆2015/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第5号発行!!  Bulletin_第5号の閲覧はこちら
◆2015/2/1 2015年1月28日(水) 2014年総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2014/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第4号発行!!  Bulletin_第4号の閲覧はこちら
◆2014/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第3号発行!!  Bulletin_第3号の閲覧はこちら
◆2014/1/1 2013年12月18日(水) 2013年総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2013/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第2号発行!!  Bulletin_第2号の閲覧はこちら
◆2013/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第1号発行!!  Bulletin_第1号の閲覧はこちら
◆2013/1/1 2012年12月19日(水) 2012年総会を開催しました。 詳しくはこちら
 
   
■月例会(1月度)開催のお知らせ
その他の催しNEW>>こちら
浜畑 賢吉 様
第125回月例会  案内状
入会しなくても参加可!!
−歴史・文化に親しむ会−
・テーマ:若者たちとの現在
・日 時:2017年 1月25日(水) 16:00〜18:00
・場 所:梅田エステート・ビル5階会議室  地図
・講 師:浜畑 賢吉(はまはた けんきち) 様
     ( 大阪芸術大学教授 舞台芸術学科長 )
・参加料:正会員 500円  賛助会員/一般 1000円
*:終了後に新年会開催。実費/事前申込必要 締切 1/21(土)
俳優で、大阪芸術大学教授の浜畑賢吉様にお話頂きます。 浜畑先生から、現在の若者達との接し方について次の様なメッセージを頂きました。 『まず大事なことは才能を信じると云うことです。私は若者に会うと必ず「君には才能がある?」と聞きます。大概変な顔をされます。体重60キロの人は約60兆もの細胞で成り立っています。そのうち4分の一が脳にあって、一つの遺伝子に30億もの情報が入っているんです。才能は限りなく詰まっています。才能がないなんて言ったら遺伝子が怒りますよ。「お前じゃない、才能は俺が持ってるんだ!」と。才能が出て来ないのは、誰かに抑えつけられているか、自信を無くして才能を閉じ込めているかです。そんな若者に自分の才能を認めさせることが教育の根幹ではないでしょうか。はじけさせてやることも大切です。「若者で才能のない人なんていません!」若者たちの覇気のない状況は由々しきことです。ヨーロッパが疲弊したのと同じ状況が日本に巣食っているとも思えます。自然界のエネルギーを無視してはいけませんね。』 さて、若者達の方はと云うと、学費高騰による教育格差など厳しい社会環境、経済環境の中に立たされています。その様な時代を創りだしたのは私達親世代だと云う事もできます。浜畑先生の、現場からのお話を聞きながら、自分達の息子や娘、更には孫たちのことを少し考えてみたいと思います。皆様のご参加をお待ちしています。
*:会員総会(14:30〜)も開催!ご参加ください。
総会、月例会、新年会参加申込 >>こちらから
■こんな月例会を実施しました
総会・催事実績>>こちら
藪田 貫 様
道頓堀辺りの400年の歴史の大半は芝居街でした。道頓堀川が完成したのが1615年、江戸時代の始めで、それを機に川の両岸に多くの芝居小屋が立ち並び、演劇の街として発展してきました。昭和の終わり頃まで、道頓堀には「五座」とよばれる5つの劇場「浪花座」「中座」「角座」「朝日座」「弁天座」が立ち並んでいました。1653年に芝居名代5株が公認されたことに始まり、昭和の終わりから平成の始めにかけて、五座は事実上消滅し現在に至っています。講師の藪田貫様は、関西大学教授としてご在職中に、かつての芝居街を思い出し、それを街作りの核にしようということで始められた「CG化プロジェクト」について、その成果をご披露頂きました。 CGという3次元映像に道頓堀を復元しようとすると、昔の建物や街並み情報が必要となりますが、幸運にも、いろんな資料が発見でき、CGを実現する事ができたそうです。1655年写しの道頓堀川大絵図、1798年の摂津名所図絵「角座」、1850年頃「難波の花櫓」の芝居小屋と茶屋、山田伸吉と長谷川幸延の「道頓堀今昔」、「道頓堀」創刊号第3面の街並み図、著名人の証言、等をもとに映像に復元されたそうです。すばらしいCGの出来栄えにビックリしました。また、道頓堀のすぐ南東にある千日前は、刑場、火葬場、墓場の「千日墓所」があったそうで、当然、道頓堀と深い関わりがあったはずで、心中物の浄瑠璃が生まれる社会環境があったと思われ、新しい発見をしました。
 
第124回月例会 −歴史・文化に親しむ会−
・テーマ: CGで描く道頓堀の今昔
・日 時: 2016年12月21日(水) 16:00〜18:00
・場 所: 梅田エステート・ビル5階会議室
・講 師: 藪田 貫(やぶた ゆたか) 様
      ( 兵庫県立歴史博物館館長 )
      
      
■ドイツ文化研究会 NEW
第51回ドイツ文化研究会を開催します。
・日時:2017年1月16日(月)16時〜
・場所:大阪西区 コラボアンダンテ  地図
詳細  >>こちら
■コンサート/展示会開催 
下記の催しを行いました。
■会員活動/姉妹団体活動紹介
自己実現を目指し活動する正会員の活動、
KlubZukunftから生まれた団体活動を紹介!
■入会のご案内
KlubZukunftをご一緒に盛り上げませんか?
■関連サイト
KlubZukunftに関連するサイト
■お問合わせ
お問合せは >>こちらから
Copyright(C)2010 KlubZukunft all rights reserved.