HOME KlubZukunftとは 催しのご案内 催事実績 入会ご案内 会員活動紹介 お問合せ
■お知らせ 明けましておめでとうございます! 本年もよろしくお願いします!
◆2019/2/13 2019年3月30日(金) 春の散策会(山背古道を歩く)を開催します!! NEW  詳しい事、申込はこちら
◆2019/2/1 2019年1月23日(水)14時から2018年度総会が開催されました!! NEW  詳しくはこちら
◆2019/1/1 機関誌「つーくんふと」2019年新春号発刊!御協力金一冊500円で頒布。事務局迄申込を!
◆2018/4/1 2018年3月31日(土)に「春の散策会」開催しました。 詳しくはこちら
◆2018/1/1 2018年1月24日(水) 2017年度総会を開催しました!! 詳しくはこちら
◆2017/9/1 2017年12月1日(金) 「第6回ハウスコンサート」開催しました!! 詳しくはこちら
◆2017/2/1 2017年1月25日(水) 2016年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2016/2/1 2016年1月27日(水) 2015年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2015/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第6号発行!!  Bulletin_第6号の閲覧はこちら
◆2015/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第5号発行!!  Bulletin_第5号の閲覧はこちら
◆2015/2/1 2015年1月28日(水) 2014年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2014/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第4号発行!!  Bulletin_第4号の閲覧はこちら
◆2014/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第3号発行!!  Bulletin_第3号の閲覧はこちら
◆2014/1/1 2013年12月18日(水) 2013年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2013/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第2号発行!!  Bulletin_第2号の閲覧はこちら
◆2013/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第1号発行!!  Bulletin_第1号の閲覧はこちら
◆2013/1/1 2012年12月19日(水) 2012年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
 
   
■月例会(2月度)開催のお知らせ
その他の催しNEW>>こちら
木村 文男 様
第150回月例会 
入会しなくても参加可!!
−歴史・文化に親しむ会−  案内状
・テーマ: 「コンピュータとソフトウェアについて」
・日 時: 2019年2月27日(水) 15:30〜17:30
     注意:開始時間が本年から30分早まっています!!
・場 所: 大阪市立大学 文化交流センター
       大阪駅前第2ビル6階 大セミナー室  地図
・講 師: 春名 修介 (はるな しゅうすけ) 様
     (大阪大学大学院情報科学研究科 特任教授・博士)
・参加料: 正会員 500円  賛助会員/一般 1000円
 
大阪大学大学院情報科学研究科で「成長分野を支える情報技術人材の育成拠点の形成」を研究されています春名特任教授に、最近話題の人工知能について、分かり易く、役に立つお話をお聞きします。
私たちの身の回りには、コンピュータがあふれており、水道・ガス・電気などと同じように社会基盤の一部となっています。コンピュータは、機械だけ有っても何もできず、内部のソフトウェアというプログラムが動作を決めています。本講演では、コンピュータの基礎、ソフトウェアとはどのようなものか、そしてそれらの集大成としてのクラウドコンピューティング、人工知能といった最近の話題も紹介していただきます。
皆様のご参加をお待ちしています。また、皆さまのお友達にも参加の働きかけをしていただき、ご一緒にご出席いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
月例会、懇親会参加申込 >>こちらから
懇親会は事前申込必須_2月23日(土)21時締切。実費(3500〜4000円程度)ご負担
■こんな月例会を実施しました
総会・催事実績>>こちら
木村 文男 様
2000年に開催されたフェールメール展(大阪市立美術館)では、わずか5作品で60万人が来場されたそうです。日本人がフェルメール好きな理由は、宗教色が薄く、フェルメール・ブルーに日本人が愛する藍の色と同じ魅力を感じるからでは等のお話しでした。
フェルメール作品は少なく現存の37点まとめての展示は、行方不明や門外不出の作品もある為、不可能とされています。そこで、従来の展示と異なり、全作品を展示し、音楽を聴きながらワインを飲み、写真も撮れる、遊び心ある新発想展覧会実現に参画されたそうです。全作品を展示する為、木村様は「原寸大のリ・クリエイト作品」の製作に携われました。酸化したワニスの汚れ、黄ばみ、白色部分の濁りのデータ上での除去等により、350年前の色彩を求め、その印刷再現に苦労されたとの事。2012年の東京銀座での展覧会以来全国48箇所で開催、70万人が来場されたそうです。
こんな展覧会が増えると良いなと感じたご講演でした。
第149回月例会 −歴史・文化に親しむ会−
・テーマ: 「フェルメールの魅力」と「新発想展覧会」のからくり
・日 時: 2019年 1月23日(水) 15:30〜17:30
・場 所: 大阪市立大学 文化交流センター
      大阪駅前第2ビル6階 大セミナー室
・講 師: 木村 文男(きむら ふみお) 様 ( 木村美術振興研究所代表 )
      
      
■ドイツ文化研究会 NEW
第76回ドイツ文化研究会を開催します。
・日時:2019年2月4日(月)
・場所:JR大阪駅前 大阪市立大学
   文化交流センター  詳細 >>こちら
■コンサート/展示会開催 
下記の催しを行いました。 NEW
■会員活動/姉妹団体活動紹介
自己実現を目指し活動する正会員の活動、
KlubZukunftから生まれた団体活動を紹介!
■入会のご案内
KlubZukunftをご一緒に盛り上げませんか?
■関連サイト
KlubZukunftに関連するサイト
■お問合わせ
お問合せは >>こちらから
Copyright(C)2010 KlubZukunft all rights reserved.