HOME KlubZukunftとは 催しのご案内 催事実績 入会ご案内 会員活動紹介 お問合せ
■お知らせ 2019年12月開催のハウスコンサートチケット発売開始!! 詳細/申込方法はこちら
◆2019/2/1 2019年1月23日(水)14時から2018年度総会が開催されました!! NEW  詳しくはこちら
◆2019/1/1 機関誌「つーくんふと」2019年新春号発刊!御協力金一冊500円で頒布。事務局迄申込を!
◆2018/4/1 2018年3月31日(土)に「春の散策会」開催しました。 詳しくはこちら
◆2018/1/1 2018年1月24日(水) 2017年度総会を開催しました!! 詳しくはこちら
◆2017/9/1 2017年12月1日(金) 「第6回ハウスコンサート」開催しました!! 詳しくはこちら
◆2017/2/1 2017年1月25日(水) 2016年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2016/2/1 2016年1月27日(水) 2015年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2015/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第6号発行!!  Bulletin_第6号の閲覧はこちら
◆2015/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第5号発行!!  Bulletin_第5号の閲覧はこちら
◆2015/2/1 2015年1月28日(水) 2014年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2014/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第4号発行!!  Bulletin_第4号の閲覧はこちら
◆2014/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第3号発行!!  Bulletin_第3号の閲覧はこちら
◆2014/1/1 2013年12月18日(水) 2013年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2013/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第2号発行!!  Bulletin_第2号の閲覧はこちら
◆2013/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第1号発行!!  Bulletin_第1号の閲覧はこちら
◆2013/1/1 2012年12月19日(水) 2012年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
 
   
■月例会(7月度)開催のお知らせ
その他の催しNEW>>こちら
溝井 裕一 様
第155回月例会 
入会しなくても参加可!!
−歴史・文化に親しむ会−  案内状
・テーマ: 水族館で海底散策 ― 「没入型展示」の歩み
・日 時: 2019年7月24日(水) 15:30〜17:00
     注意:開始時間が本年から30分早まっています!!
・場 所: 大阪市立大学 文化交流センター
       大阪駅前第2ビル6階 大セミナー室  地図
・講 師: 溝井 裕一 (みぞい ゆういち) 様
     ( 関西大学教授 )
・参加料: 正会員 500円  賛助会員/一般 1000円
*:懇親会も開催します。是非、ご参加ください。
過去、第50回および第78回の月例会に二度ご講演いただいた関西大学教授の溝井裕一様を講師にお招きいたします。
溝井先生は昨年6月に出版された著書『水族館の文化史−ひと・動物・モノがおりなす魔術的世界』(勉誠出版)やこれまでの一連の著作活動の業績が評価され、2018年、第40回サントリー学芸賞を受賞されました。そこで、今講演はその水族館の文化を中心にお話をいただきます。
水族館は、19世紀にイギリスで誕生し、その後、ヨーロッパ各国、アメリカ合衆国、日本でも親しまれるようになりました。そうした「水族館文化」において欠かせないのが、まるで水中世界に没入したかのような感覚をもたらす、「没入型展示」です。館内を洞窟風にしたり、ドーナツ型の水槽を作ったり・・・。今回は、そのユニークな世界へと、大量の図版とともにご案内いただけるそうです。
皆様のご参加をお待ちしています。また、皆さまのお友達にも参加の働きかけをしていただき、ご一緒にご出席いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
月例会、懇親会参加申込 >>こちらから
事前申込必須_7月21日(土)21時締切。懇親会は実費(3500〜4000円程度)ご負担
■こんな月例会を実施しました
総会・催事実績>>こちら
八木 透 様
祇園祭の始まりから現在迄の変遷についてお話しいただきました。869年に、日本国66ケ国の鉾(小さなもの)を作って神泉苑で牛頭天王を祀り災厄を祓う御霊会(ごりょうえ)を行ったのが祇園祭の始まりで、10世紀末から11世紀頃に感神院祇園社(現在の八坂神社)が成立し、年中行事として定着。東御座・中御座。西御座という3基の神輿が祇園社から出て御旅所(四条寺町付近)へ渡御する神事だったそうだ。現在も神幸祭・神輿渡御として行われている。山鉾の登場は、14世紀から15世紀だそうで、神輿の行事が主役で、山鉾は脇役であった。その後、山鉾が主役で、神輿渡御が脇役に逆転したそうです。先の祭と後の祭り、くじ取らず、山と鉾の違い等、いろいろとお話し頂きました。各山鉾町等で授与される粽(ちまき)は、厄よけのお守りで『蘇民将来之子孫也(そみんしょうらいのしそんなり)』と記されている。牛頭天王が蘇民将来に、「茅萱の輪をつくり蘇民将来の孫と書いたお札を飾れば、厄災を除くことができる。」と告げた事に由来するものです。今年の祇園祭が楽しみとなるお話しでした。
 
第154回月例会 −歴史・文化に親しむ会−
・テーマ: 祇園祭 −1150年のときを超えて−
・日 時: 2019年 6月26日(水) 13:30〜16:30
・場 所: 大阪市立大学 文化交流センター
      大阪駅前第2ビル6階 大セミナー室
・講 師: 八木 透 (やぎ とおる) 様
      ( 佛教大学歴史学部教授 )
      
      
■ドイツ文化研究会 NEW
第81回ドイツ文化研究会を開催します。
・日時:2019年7月8日(月)
・場所:JR大阪駅前 大阪市立大学
   文化交流センター  詳細 >>こちら
■コンサート/展示会開催 
下記の催しを行います。 NEW
■会員活動/姉妹団体活動紹介
自己実現を目指し活動する正会員の活動、
KlubZukunftから生まれた団体活動を紹介!
■入会のご案内
KlubZukunftをご一緒に盛り上げませんか?
■関連サイト
KlubZukunftに関連するサイト
■お問合わせ
お問合せは >>こちらから
Copyright(C)2010 KlubZukunft all rights reserved.