HOME KlubZukunftとは 催しのご案内 催事実績 入会ご案内 会員活動紹介 お問合せ
■お知らせ コロナ感染者が急増しております。感染防止に努めましょう。熱中症にもご注意ください。
 
◆2022/8/1 2021年ハウスコンサートで演奏していただいた「庄司 拓」様が、11/20にチェロリサイタルを開催されます。
       ご紹介させていただきます。 >詳細はこちらNEW
◆2022/3/24 2022年3月26日(土) 春の散策会「世界遺産 京都宇治を歩く」雨天の為、中止しました。  >詳細はこちら
◆2021/12/30 2022年も月例会にご参加ください。月によっては水曜日でなく火曜日に変更して開催しますのでご注意ください。
       開催日程はこちら
◆2021/1/29 2020年度総会は、1/27(水)に、オンラインで開催しました。詳しくはこちらNEW
◆2020/2/1 2019年度総会を2020年1月18日(水)に開催しました。   詳しくはこちら
◆2019/2/1 2019年1月23日(水)14時から2018年度総会が開催されました!!   詳しくはこちら
◆2018/1/1 2018年1月24日(水) 2017年度総会を開催しました!! 詳しくはこちら
◆2017/2/1 2017年1月25日(水) 2016年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2016/2/1 2016年1月27日(水) 2015年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2015/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第6号発行!!  Bulletin_第6号の閲覧はこちら
◆2015/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第5号発行!!  Bulletin_第5号の閲覧はこちら
◆2015/2/1 2015年1月28日(水) 2014年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2014/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第4号発行!!  Bulletin_第4号の閲覧はこちら
◆2014/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第3号発行!!  Bulletin_第3号の閲覧はこちら
◆2014/1/1 2013年12月18日(水) 2013年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2013/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第2号発行!!  Bulletin_第2号の閲覧はこちら
◆2013/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第1号発行!!  Bulletin_第1号の閲覧はこちら
◆2013/1/1 2012年12月19日(水) 2012年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
 
   
■月例会(8月度)開催のお知らせ
その他の催しNEW>>こちら
杭東 詠水 様
第192回(8月度)月例会 
入会しなくても参加可!!
−歴史・文化に親しむ会−
*月例会は、コロナ感染の急拡大に鑑み、中止します。  
・日 時:8月24日(水)15:30〜17:30(質疑応答含む)
・場 所:大阪公立大学 文化交流センター
     大阪市北区梅田1-2-2-600 大阪駅前第2ビル6階  地図
・講 師:杭東 詠水(くいとう えいすい)様
     薩摩琵琶奏者
・参加料:正会員 500円  賛助会員/一般 1000円
*:大阪では、医療非常事態宣言がなされ、
  高齢者の不要不急外出自粛が呼び掛けられています。よって、中止します。
  オンラインでの開催も検討しましたが、生の琵琶演奏をオンライン参加者の皆様に
  お届けするには環境準備が難しく、また、新たな講演者を急に立てる事も難しく、
  ご理解ご容赦いただきますようお願いします。
 
*:本講演は中止となりましたが、
  別の機会にご講演いただけるよう調整してまいります。
■こんな月例会を実施しました
総会・催事実績>>こちら
藤野 正弘 様
京の街中で見られる魔除けには、一階の屋根に置かれている高さ2〜30cmくらいの魔除けの人形「鍾馗さん」、祇園祭で授かり門口に飾る疫病災難除けの「粽(ちまき)」、厄除けや無病息災を願い門口に飾る「五山送り火の消し炭」、愛宕神社で授かり調理場に貼る火除けのお札「火廼要慎(ひのようじん)」、比叡山延暦寺等で授かり門口に貼る「角大師(つのだいし)」の護符(鬼になって疫病を滅する姿が描かれている)、「十二月十二日」と札に書き玄関等に逆さに貼る泥棒よけのお札等があるそうです。古代中国(黄河中流域)では、鬼や精魅が病気や災いをもたらすとされ、鬼が出入りする北東の方角(北東の民族を恐れ)を「鬼門」と呼ぶようになった。鬼が入って来ない魔除けの工夫を「鬼門除け」と呼ぶが、藤野様は、この研究事例が無かった為、調査研究をされました。建物の北東から鬼が入らない鬼門除けには、北東の隅に、@角を作らない角欠け、A桝形の結界を設ける四角、B柊や南天を植える植栽等の形態がある。京都市中心部の田の字地区を調べたところ、1098の鬼門除けを確認でき、古い建物だけでなく最近建てられた近代的建築物にも施されているとの事。ただ京都以外では見かけなくなったそうです。このように京都には魔除けの風習が色濃く残っていると話されました。
第191回月例会 −歴史・文化に親しむ会−
・テーマ: 京に息づく魔除けの風習 〜 鬼門除けを事例として 〜
・日 時: 2022年 7月27日(水)15:30〜17:30
・場 所: Zoomオンライン
      *コロナ感染急拡大を鑑みオンラインに変更して実施
・講 師: 藤野正弘(ふじの まさひろ)様
      (京都産業大学日本文化研究所 上席特別客員研究員)
      
      
■ドイツ文化研究会 NEW
・日時:2022年8月1(月) 
・場所:JR大阪駅前 大阪公立大学
    文化交流センター
  詳細 >>こちら
■コンサート/展示会開催 
下記の開催を計画しています。 NEW
■会員活動/姉妹団体活動紹介
自己実現を目指し活動する正会員の活動、
KlubZukunftから生まれた団体活動を紹介!
■入会のご案内
KlubZukunftをご一緒に盛り上げませんか?
■関連サイト
KlubZukunftに関連するサイト
■お問合わせ
お問合せは >>こちらから
Copyright(C)2010 KlubZukunft all rights reserved.