HOME KlubZukunftとは 催しのご案内 催事実績 入会ご案内 会員活動紹介 お問合せ
■お知らせ 桜咲く季節となりました。未だ寒い日もあり、体調を壊さない様に注意しましょう!!
◆2019/2/1 2019年1月23日(水)14時から2018年度総会が開催されました!! NEW  詳しくはこちら
◆2019/1/1 機関誌「つーくんふと」2019年新春号発刊!御協力金一冊500円で頒布。事務局迄申込を!
◆2018/4/1 2018年3月31日(土)に「春の散策会」開催しました。 詳しくはこちら
◆2018/1/1 2018年1月24日(水) 2017年度総会を開催しました!! 詳しくはこちら
◆2017/9/1 2017年12月1日(金) 「第6回ハウスコンサート」開催しました!! 詳しくはこちら
◆2017/2/1 2017年1月25日(水) 2016年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2016/2/1 2016年1月27日(水) 2015年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2015/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第6号発行!!  Bulletin_第6号の閲覧はこちら
◆2015/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第5号発行!!  Bulletin_第5号の閲覧はこちら
◆2015/2/1 2015年1月28日(水) 2014年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2014/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第4号発行!!  Bulletin_第4号の閲覧はこちら
◆2014/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第3号発行!!  Bulletin_第3号の閲覧はこちら
◆2014/1/1 2013年12月18日(水) 2013年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2013/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第2号発行!!  Bulletin_第2号の閲覧はこちら
◆2013/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第1号発行!!  Bulletin_第1号の閲覧はこちら
◆2013/1/1 2012年12月19日(水) 2012年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
 
   
■月例会(4月度)開催のお知らせ
その他の催しNEW>>こちら
光田 和伸 様
第152回月例会 
入会しなくても参加可!!
−歴史・文化に親しむ会−  講演概要
・テーマ: 「神武天皇と猿田彦」
・日 時: 2019年4月24日(水) 15:30〜17:00
     注意:開始時間が本年から30分早まっています!!
・場 所: 大阪市立大学 文化交流センター
       大阪駅前第2ビル6階 大セミナー室  地図
・講 師: 光田 和伸 (みつた かずのぶ) 様
     ( 国文学者 )
・参加料: 正会員 500円  賛助会員/一般 1000円
*:懇親会も開催します。是非、ご参加ください。
神武東征の真実の姿、そこに潜む古代史の最大のトリックについてお話しいただきます。 猿田彦族とは代々の首長をサルタヒコの名で呼ぶ、古代の民族集団です。伊勢に居住して、語り部として猿女(さるめ)とともに代々の天皇の歴史を管理し、古事記、日本書紀の内容も、この一族の伝承が中心となったと考えられています。沖縄列島を経て北九州に定住し、のちに出雲を開発、さらに伊勢に進出して東国支配を進めたと考えられます。 そもそも、出雲・大国主の「国譲り」を受けて、天照大御神が孫のニニギノミコトの地上への降臨を決断した時、そのニニギを「天の八衢」で出迎えた神であり「最古の国つ神」とも呼ばれます。猿田彦はニニギを「日向」(ひむか)の国へと案内して送り届け、自らは伊勢国に帰っていきました。 ところが、ニニギの曽孫にあたる若御毛野命(のちの神武天皇)がヤマトを目指したとき(いわゆる神武東征)、ヤマトが近づいても神武は猿田彦一族に一切連絡を取りません。最初の戦いに敗れ、転進して熊野からヤマトを目指すことになっても、熊野から猿田彦族に救援は求めません。巨大なカラス(八咫烏)が助けにあらわれ、これは、鴨武角身の神であり、天つ神・鴨族の祖先であるという展開をとります。なぜ、猿田彦族は「無視」されてしまっているのでしょうか。
このような、矛盾点から考えを進めていくと、いわゆる「神武東征」の真実の姿が見えてきます。古代史の最大のトリックが、そこには潜んでいるのです。
皆様のご参加をお待ちしています。また、皆さまのお友達にも参加の働きかけをしていただき、ご一緒にご出席いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
月例会、懇親会参加申込 >>こちらから
事前申込必須_4月20日(土)21時締切。懇親会は実費(3500〜4000円程度)ご負担
■こんな月例会を実施しました
総会・催事実績>>こちら
藤野 正弘 様
32年間務めた外資系企業を早期退職し、NPOの世界に飛び込み、きょうとNPOセンターを65歳で退職後もNPOのお手伝いされ、京都検定一級を活かして京都産業大学で日本文化研究を行っておられるそうです。NHK BSプレミアム「新日本風土記」では京都の鬼門除けを紹介されたそうです。今回は、京都の下京区、東山区に点在する五条楽園界隈、耳塚、方広寺、安井金毘羅宮、松原橋、鉄輪井等の異界魔界をご紹介いただきながらの街歩きを実施しました。京都五花街以外の花街であった五条楽園界隈では、古びた歌舞練場やお茶屋さんだった建物に寂しさを感じ、指定暴力団『会津小鉄会』の本部だった建物にビックリし、任天堂の創業の建物に感激しました。豊臣秀吉の朝鮮侵攻で武将達が首級の代わりに朝鮮軍民の鼻や耳をそぎ持ち帰えりこの地に埋め供養した「耳塚」や、井水を汲んで相手に呑ませると縁を切る事ができる路地奥にひっそりとある「鉄輪井」に手を合わせました。

第150回月例会 −歴史・文化に親しむ会−
・テーマ: 「京都異界魔界まち歩き」
・日 時: 2019年 3月27日(水) 13:30〜16:30
・場 所: <街歩きコース>JR京都駅→五条楽園→正面橋→耳塚→方広寺→
      幽霊子育て飴→六道珍皇寺→安井金毘羅宮→松原橋→鉄輪井→佛光寺
・講 師: 藤野 正弘 (ふじの まさひろ) 様
      (京都産業大学日本文化研究所 上席特別客員研究員)
      
      
■ドイツ文化研究会 NEW
第78回ドイツ文化研究会を開催します。
・日時:2019年4月8日(月)
・場所:JR大阪駅前 大阪市立大学
   文化交流センター  詳細 >>こちら
■コンサート/展示会開催 
下記の催しを行いました。
■会員活動/姉妹団体活動紹介
自己実現を目指し活動する正会員の活動、
KlubZukunftから生まれた団体活動を紹介!
■入会のご案内
KlubZukunftをご一緒に盛り上げませんか?
■関連サイト
KlubZukunftに関連するサイト
■お問合わせ
お問合せは >>こちらから
Copyright(C)2010 KlubZukunft all rights reserved.