HOME KlubZukunftとは 催しのご案内 催事実績 入会ご案内 会員活動紹介 お問合せ
■お知らせ  牡丹の花があちこちで開花しています。きれいですね!!
◆2018/4/1 2018年3月31日(土)に「春の散策会」開催しました。NEW 詳しくはこちら
◆2018/1/1 2018年1月24日(水) 2017年度総会を開催しました!! 詳しくはこちら
◆2017/9/1 2017年12月1日(金) 「第6回ハウスコンサート」開催しました!! 詳しくはこちら
◆2017/2/1 2017年1月25日(水) 2016年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2017/1/1 機関誌「つーくんふと」2017年新春号発刊!御協力金一冊500円で頒布。事務局迄申込を!
◆2016/2/1 2016年1月27日(水) 2015年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2015/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第6号発行!!  Bulletin_第6号の閲覧はこちら
◆2015/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第5号発行!!  Bulletin_第5号の閲覧はこちら
◆2015/2/1 2015年1月28日(水) 2014年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2014/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第4号発行!!  Bulletin_第4号の閲覧はこちら
◆2014/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第3号発行!!  Bulletin_第3号の閲覧はこちら
◆2014/1/1 2013年12月18日(水) 2013年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2013/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第2号発行!!  Bulletin_第2号の閲覧はこちら
◆2013/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第1号発行!!  Bulletin_第1号の閲覧はこちら
◆2013/1/1 2012年12月19日(水) 2012年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
 
   
■月例会(5月度)開催のお知らせ
その他の催しNEW>>こちら
中西 久幸 様
第141回月例会  案内状 
入会しなくても参加可!!
−歴史・文化に親しむ会−
・テーマ: 映像で見るハンブルクのまちづくり
・日 時: 2018年5月23日(水) 16:00〜18:00
・場 所: 大阪市立大学 文化交流センター
       大阪駅前第2ビル6階 大セミナー室  地図
・講 師: 大場 茂明 (おおば しげあき) 様
      ( 大阪市立大学大学院文学研究科 教授 )
・参加料: 正会員 500円  賛助会員/一般 1000円
*:懇親会も開催します。是非、ご参加ください。
1989年以来大阪市の友好都市提携でもあるハンブルク市の都市政策をテーマにお話をいただきます。 ドイツを代表する港湾都市として知られているハンブルクの下町を舞台に、有形・無形の地域資源を活用した様々なアクター(行政、地元企業・団体、住民ほか)による都市更新の事例を映像で紹介していただきながら、こうした活動が、新たな都市居住の魅力を如何に生み出し、地区の再生や活性化に寄与しうるかなど、日本との比較を念頭に置きながら問題提起していただきます。皆様のご参加をお待ちしています。また、皆さまのお友達にも参加の働きかけをしていただき、ご一緒にご出席いただければと思います。どうぞ奮ってご参加ください。
月例会、懇親会参加申込 >>こちらから
懇親会は事前申込必須_5月19日(土)21時締切。実費(3500〜4000円程度)ご負担
■こんな月例会を実施しました
総会・催事実績>>こちら
光田 和伸 様
古事記・日本書紀は、共に7世紀に天武天皇の命によって編纂されました。古事記・日本書紀はきわめて嘘の少ない書物ですが、巧みな省略によって読者が誤った理解に陥るように操作されており、古事記伝を書いた本居宣長はそのことに気づいていたはずと、光田先生は考えられています。その箇所についてご講義いただきました。 古事記に出てくる順番に神を並べると、最初の神が、天御中主神で、11世の神が伊邪那岐神・伊邪那美神で、12世の三貴子(天照大御神、月読神、建速須佐之男神)を産み、建速須佐之男神から5世後(最初の神から18世)の神が大国主神(出雲大社の御祭神)となります。30世天迩岐志国迩岐志天津日高日子番能迩迩芸命(ニニギノミコト)、31世火遠理命(山幸彦)、32世天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命(彦瀲)、33世若御毛沼命(初代の神武天皇)と続きます。これは、中国の唐代の正史である新唐書には、「初主は天御中主神と号し、彦瀲に至るまで32世、・・。彦瀲の子、神武立ち、更めて天皇を以って号と為し、治を大和州にうつす」と記載されており、符号しています。 そして、28世が天照大御神であり、12世建速須佐之男神の姉の太陽神12世天照大御神として、系図の付け替えが行われたとお話しをされました。30世ニニギノミコトは天照大御神の孫にあたると認識しておりましたので、やはり28世天照大御神もありえると感じました。更に光田先生は、神武天皇の即位は紀元前660年とされているが、実際には卑弥呼の時代である180年頃の後、200年頃に卑弥呼を助けるために出雲から播磨を介して神武東征したのだとお話しされました。お話しをお聞きして、邪馬台国・機内説や九州説等との絡み等、今回のご講義を更に深堀したお話しを聴講したいと思いました。
第140回月例会 −歴史・文化に親しむ会−
・テーマ: 「古事記・日本書紀から正しい古代史を再建する」
・日 時: 2018年4月25日(水) 16:00〜18:00
・場 所: 大阪市立大学 文化交流センター
      大阪駅前第2ビル6階 大セミナー室
・講 師: 光田 和伸 (みつた かずのぶ) 様
      ( 国文学者 )
      
      
■ドイツ文化研究会 NEW
第67回ドイツ文化研究会を開催します。
・日時:2018年5月14日(月)15時半〜
・場所:JR大阪駅前 大阪市立大学
   文化交流センター  詳細 >>こちら
■コンサート/展示会開催 
下記の催しを行いました。
■会員活動/姉妹団体活動紹介
自己実現を目指し活動する正会員の活動、
KlubZukunftから生まれた団体活動を紹介!
■入会のご案内
KlubZukunftをご一緒に盛り上げませんか?
■関連サイト
KlubZukunftに関連するサイト
■お問合わせ
お問合せは >>こちらから
Copyright(C)2010 KlubZukunft all rights reserved.