HOME KlubZukunftとは 催しのご案内 催事実績 入会ご案内 会員活動紹介 お問合せ
■お知らせ 10/18〜10/20に第9回アート和輪環展を開催しました!! 詳細はこちら
◆2019/9/5 2019年11月23日(土) 秋の散策会(竹ノ内街道 part2)開催!詳細/申込(11月8日締切)はこちらNEW 
◆2019/2/1 2019年1月23日(水)14時から2018年度総会が開催されました!! NEW  詳しくはこちら
◆2019/1/1 機関誌「つーくんふと」2019年新春号発刊!御協力金一冊500円で頒布。事務局迄申込を!
◆2018/4/1 2018年3月31日(土)に「春の散策会」開催しました。 詳しくはこちら
◆2018/1/1 2018年1月24日(水) 2017年度総会を開催しました!! 詳しくはこちら
◆2017/9/1 2017年12月1日(金) 「第6回ハウスコンサート」開催しました!! 詳しくはこちら
◆2017/2/1 2017年1月25日(水) 2016年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2016/2/1 2016年1月27日(水) 2015年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2015/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第6号発行!!  Bulletin_第6号の閲覧はこちら
◆2015/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第5号発行!!  Bulletin_第5号の閲覧はこちら
◆2015/2/1 2015年1月28日(水) 2014年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2014/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第4号発行!!  Bulletin_第4号の閲覧はこちら
◆2014/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第3号発行!!  Bulletin_第3号の閲覧はこちら
◆2014/1/1 2013年12月18日(水) 2013年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
◆2013/10/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第2号発行!!  Bulletin_第2号の閲覧はこちら
◆2013/4/1 【会員向け】Klub Zukunft Bulletin(会報)第1号発行!!  Bulletin_第1号の閲覧はこちら
◆2013/1/1 2012年12月19日(水) 2012年度総会を開催しました。 詳しくはこちら
 
   
■月例会(11月度)開催のお知らせ
その他の催しNEW>>こちら
唐澤 太輔 様
第159回月例会 
入会しなくても参加可!!
−歴史・文化に親しむ会−  案内状
・テーマ: 粘菌と南方熊楠
・日 時: 2019年11月27日(水) 15:30〜17:00
     注意:開始時間が本年から30分早まっています!!
・場 所: 大阪市立大学 文化交流センター
       大阪駅前第2ビル6階 大セミナー室  地図
・講 師: 唐澤 太輔(からさわ たいすけ) 様
     ( 秋田公立美術大学大学院准教授 )
・参加料: 正会員 500円  賛助会員/一般 1000円
*:懇親会も開催します。是非、ご参加ください。
2017年8月の第132回、2018年2月の第138回にご講演いただいた新進気鋭の南方熊楠研究者である唐澤太輔先生に3度目のご登場いただきます。
先生は今年4月から秋田公立美術大学大学院にて哲学/文化人類学の教鞭をとられて、併せて熊楠とアート的思考の比較考察、及び華厳思想の現代的可能性についても研究を進められています。今回は「粘菌と南方熊楠」と題してご講演をいただきます。
「日本人の可能性の極限」と評された博物学者・南方熊楠(1867〜1941)を魅了した粘菌(変形菌)。その不思議な生態は未だ謎な点が多くあります。熊楠による粘菌研究は、我々に、「異常」とは何か、「不安」とは何か、「時間」とは何か、そして「生命」とは何かなどを深く考えるヒントを与えてくれます。本講演では、粘菌をめぐる熊楠の思考を、深層心理学や哲学を用いながら「展開」してみたいと思います。
皆様のご参加をお待ちしています。また、皆さまのお友達にも参加の働きかけをしていただき、ご一緒にご出席いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
月例会、懇親会参加申込 >>こちらから
事前申込必須_11月23日(土)21時締切。懇親会は実費(3500〜4000円程度)ご負担
■こんな月例会を実施しました
総会・催事実績>>こちら
小出 英詞 様
住吉大社が日本文化にどのような影響を与えてきたかお話しをいただきました。新天皇が五穀豊穣と国民の安寧を祈る儀式「大嘗祭」が十一月に皇居「大嘗宮」にて行われる。神功皇后が鎮斎した住吉大社の本殿(国宝)は、大嘗宮の古代建築様式をよく残しているそうです。九〜十三世紀に行われた大嘗祭の翌年には、住吉神等を祀り国の発展と安泰を祈った儀式八十島祭が行われました。世界遺産に登録された仁徳天皇陵古墳が造られる以前から延々と続く歴史ある御宮さんです。住吉大社傍の住吉津は古代の海の玄関口(王権の船着き場)で、遣唐使は住吉大社で祈願をして出かけた様です。粉もん、住江織物/堺段通/河内木綿のルーツはこの玄関口を通して伝わった文化だそうです。住吉大社は、和歌の神でもあり、重要文化財の佐竹本三十六歌仙は、実際には住吉明神の図と歌を含む三十七あった事。一寸法師、酒呑童子、浦島太郎のおとぎばなしの舞台でもあった事。能楽謡曲には、「高砂」等、住吉が舞台となるものが多くある事。等々、古代首都圏「五畿」の重要な社であった事を感じるお話しでした。
 
第158回月例会 −歴史・文化に親しむ会−
・テーマ: 住吉大社から見る文化と物語
・日 時: 2019年10月23日(水) 15:30〜17:00
・場 所: 大阪市立大学 文化交流センター
      大阪駅前第2ビル6階 大セミナー室
・講 師: 小出 英詞 (こいで えいじ) 様
      ( 住吉大社 権禰宜・総務部教化課 課長 )
      
      
■ドイツ文化研究会 NEW
第85回ドイツ文化研究会を開催します。
・日時:2019年11月18日(月)
・場所:JR大阪駅前 大阪市立大学
   文化交流センター  詳細 >>こちら
■コンサート/展示会開催 
下記の催しを行います。 NEW
■会員活動/姉妹団体活動紹介
自己実現を目指し活動する正会員の活動、
KlubZukunftから生まれた団体活動を紹介!
■入会のご案内
KlubZukunftをご一緒に盛り上げませんか?
■関連サイト
KlubZukunftに関連するサイト
■お問合わせ
お問合せは >>こちらから
Copyright(C)2010 KlubZukunft all rights reserved.